タイ 2014年6月4日

タイ人たちはクーデターをどう捉えているのか

デモをなくすためだけの一時しのぎ

(1) どっち派でもないです。両方の派とも良くないし、最初からどっちのデモにも参加したくない。これからも淡々と日常生活を送るだけです。

(2) 何も変わらないと思う。今回の政争はそれぞれの人間の考え方の問題なので、とても難しい。たぶん何も解決されないと思う。何回クーデターしても両方の考えは揺るがない。今回のクーデターはデモをなくすための一時しのぎ。(男性・23歳)

「国のため」なら両派協力すべき

(1) どっち派でもないです。両方の情報を聞いています。両方にいい人はいるし悪い人もいる。人の道徳観念は同じではないから。両方とも目的は国のためと言っていますが、もし目的が同じなら、一緒に話して、一緒に協力して国を開発する方法があるでしょう。両方とももっととことん話したほうがいい。

(2) なにもわからない、でもクーデターはもう慣れっこ。今はどうやったらタイ国民みんなに認めてもらえるか、どうやって国を導いてゆくかを考えた方がいいと思う。(男・33歳)

100年前に逆戻り

(1) どっちかというと赤いシャツ学者という派です。赤いシャツ学者というのはタクシンが嫌いですが、国民の権利を守りたい、民主主義を尊敬する。これからも自分の権利を守りたいと思う。

(2) 100年前に戻っても、不景気になって、国民の人権がなくなる。何もよくならない。悪くなる一方だと思う。国民は自分の権利を奪われる。何回クーデターしても、同じことが起きて、選挙して、またタクシン派の人が首相になって、反タクシン派のデモが来て、クーデターが起こることに。毎回こんな風になると思う。(女性・23歳)

またもや懲りずにクーデターですか

(1) どっちでもないですが、反タクシン派はあまり好きじゃないです。タクシンも好きじゃないです。クーデターのあとは何も変わらないと思う。前と同じになるから。私は国民の義務を全うするだけです。

(2) よくなることもないし、悪くなることもないと思う。毎度毎度クーデターをやり、また同じ問題が起こるっていうのはクーデターは解決方法じゃないということ。だから、クーデターをしても、これ以上悪いことはなくて、いい方向にも行かないの。(女・22歳)

軍政で問題解決

(1) タクシンが嫌いで、反タクシン派です。これからは軍の暫定政権が問題解決できると思う。選挙もあるはず。デモもなくなるでしょう。

(2) 絶対によくなる。問題の解決方法も見つかる。クーデターの前はデモがあって、何も問題は解決できなかったじゃないか。クーデターで軍が仕切るのは正しいと思う。(男・36歳) 

【話を聞き終わって】
 民主主義もなんのその。タクシン派の失脚に溜飲を下げるか、いやそれでは将来に禍根を残すと考えるか。日本を含めた西側の外国人は「民主主義が大切」としたり顔で言うが利権の奪い合いは果てしない。今後、小石につまづいただけで政局がまた大きく変わる可能性がある。

【撮影/『DACO』編集部】

(文・撮影/『DACO』 編集部)

『DACO』とは?:バンコクで月2回発行される無料の情報誌。発行人の沼舘幹夫編集長は25年近く前に日本の通信社からニュースを仕入れ、在タイ日本人に伝えるために駐在員として来タイした。

 


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。