タイ 2014年6月27日

第三の性を生きるミス・ティファニーかく語りき
2007年の優勝者Filmさんに密着300分

家に帰ると、 兄であり息子です

【15:30】 窒息しそうになっても愛している
「妹には嫌われていますね。疎遠になっちゃいました。これまで兄として接してきたのに、次に会ったら姉ですから、戸惑うのも当然。そして私のほうがきれい」と、にっこり。

 「でも、もっとも大変だったのは母。家族の中で一番ショックを受けていました。今でも実家へはジーンズにTシャツを着て、なるべく男の子に近い格好で帰ります。なるべく母を傷つけたくないし、やっぱり家族を愛しているから」。フィルムさんの髪の毛、実はウィッグ。本当は肩先ぐらいの長さで、これを縛って帰省する。

 「自分は全然シリアスじゃないし、この生活に満足しているから、実家に遊びに来た近所の人とはミス・ティファニーやガトゥーイの話で盛り上がったりするんだけど、そこに母や父が入ってきた途端、みんな、ひゅう~って黙っちゃう。近所の人も家族が受け入れられないでいることを知っているんです」。家では男言葉で話す。

 「もし自分に子どもがいて、その子がガトゥーイだったら……と想像すれば簡単ですよね。自分も受け入れられない、絶対に。それはわかっているんだけど、実家の鏡で男装した姿を見た時に気持ちがふさぐの。窒息しそうになる」。それは大学生活にもあるという。

フィルムさんの普段着。グラビアやテレビに露出するときは、家族に気を使ってセクシーすぎる衣装はさけるようにしている。ボトムスのGパンは実家に帰る時の男の子用ファッションでも活躍する【撮影/『DACO』編集部】

受け入れてもらえない大学の中で恋をしました

【16:00】 試験を受ける時は男子学生
  当初、大学にも取材に行くつもりでいたが、本人の希望で思い止まった。「私は大学側からはよく思われていません。普段は女子大生の格好で授業を受けますが、学期試験のときはズボンを履き、髪を縛り、男子学生として受験することを約束させられています」。前例を作り、ガトゥーイの広き門にしてはいけない、というのが大学側の考えだという。キャンパスライフは辛いのか。

 「楽しいですよ。『こんにちは、フィルムさん』って、にこやかに話しかけてくれる人も多いし、男の子も『かわいいね! ケータイの番号教えて』と誘ってくる。でもね、本当に私がその男子のところに寄っていくと逃げ出すんだけどね(笑)」。そんなキャンパスライフの中で恋をし、夢中の2年間を過ごした。この7月までは。

【16:20】 お互いの両親に紹介し合う仲
「別れは私から。気性が激しいんです。もういいやって面倒くさくなる。元彼は同級生の男の子でした。私がガトゥーイであることはもちろん知ったうえで付き合いが始まり、彼の両親や家族にも会わせてもらったり、食事に招かれたりしていました」。

 普通に年頃の男女が付き合いを始めても、すぐには自分の親に会わせない人がほとんど。彼には何か覚悟があったのではないか。「そうですね。彼の両親は大反対でしたが、彼は将来のことも考えていたようでした」。

 一方、フィルムさんの家族はというと、「私がガトゥーイであることは受け入れ難いのに、なぜか彼氏のことは気に入っていました(笑)。いい人ねって」。お互いの実家を行き来する仲だったのに、スパッと断ち切ってしまったフィルムさん。

 「私は基本的にひとりでいるのが好きなんです」。すぐにひとり暮らしのタイ人スタッフが質問した。「ひとりでごはん食べるの、寂しくないですか?」。

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。