タイ 2014年6月27日

第三の性を生きるミス・ティファニーかく語りき
2007年の優勝者Filmさんに密着300分

瞳が好き。 私の心の窓だから

【17:55】 家族は知らない男性器
「顔の整形手術についてもよく聞かれますが、私は鼻にシリコンを入れただけ。ほとんどいじっていないんです。お気に入りはこの大きな瞳。母も私の目が好きだと言ってくれていますし、同じ目をしています。ちなみに嫌いなのは手足。大きいから。あ……、家族とは手術の話を一切していません。だれひとり聞きたがりませんから。男性器がないことも知っているかどうか……」。

【18:05】 ホルモン要ります
「性転換した人は女性ホルモンを定期的に補給しているのですが、私の場合、女性ホルモンのクリームを愛用しています。ホルモン注射、痛いですもん」。

※フィルムさんの場合の費用:
【性転換手術】スポンサーが付いたのでフリー
【豊胸】両方で4万5000バーツ(約13万5000円)
(プラトゥーナム・ポリキデック)
【隆鼻】9000バーツ(約2万7000円)

ミス・ティファニーがなかったら、私は性転換をしませんでした

【18:07】 男の記憶は消さない
「自分と同じような人にガトゥーイになることをすすめるかって!? そんなこと絶対にしません。自分は後悔していないので、するなとも言わないけど、自分で考えて責任を持って行動してほしいと思います。私はもしミス・ティファニーがなければ、ガトゥーイにもなっていなければ性転換もしていなかったでしょう。男の姿のまま男性を愛し、ゲイとして生きることを選んだかもしれません。自分の場合は運命だったんです」。

 ミス・ティファニー、それは一体なんなのか。今でもフィルムさんの財布の中には、10歳の男の子だったころの写真が入っている。部屋のフォトフレームにも16歳のストリートファッションでかまえたイケメンのフィルムさんがいる。だからフィルムさんを「彼」とも「彼女」とも呼べなかったし、ここでもそう書けない。

小学生の頃の証明写真。まだ幼い【写真提供/フィルムさん】


【18:15】 男時代から美しい
「本当に運命だと思っています。大学に行く頃から『ガトゥーイ・コンテストに出場しないか』と、プロモーターから頻繁にスカウトされていました。1年間で80のステージに立ちましたね」。

 たしかに写真で見る男時代から美しい顔立ちだ。「いろんな大会で毎回1位か2位になるうちに、ミス・ティファニーのプロモーターから声をかけられ、ここまで来たら上を目指そうと思ったわけです。世界的に有名な大会ですから」。

 ミス・ティファニー世界大会は、タイの国民がこぞって注目している。突き動かされたのは一番になるという野心。

 「ミス・ティファニーといっても、それぞれ経緯も性格もかなりちがいます。だから性転換した動機もまったく別でしょう。みんな知っている女優のポーイさんなんかは本当に女性らしくてかわいい人です。私は全然ダメ。よく質問で『子どもや動物は好きですか』と聞かれ、多くの出場者たちは高い声で『大好き!』と即答ですが、私は『礼儀正しくておとなしい子どもは好き』と答えてしまいます」。

 それで1位になるのだから、審査員も正直者が好きなのか。

 「美しくなるためのダイエットやスキンケア、ヘアケアなどは当たり前。出場者全員がやっていることなので、ここでは差が出ないと思います。あとはどんな個性を身に付けるか。知性でいくか、ひたすら可愛くいくか。あとは審査員の好みもありますね」。

 ミス・ユニバースのように礼儀作法から歩き方、化粧法などを教えるミス・ティファニーの指導係がいるが、その人の指導が受けられる時間は限られる。

 バッグの中身を見せてもらったら、ちらりと経文が見えた。愛が向けられるように、ということらしい。

カバンの中身を公開。財布の中からは複数の銀行発行VISAカードと証明書。ガトゥーイということでIDカード発行時にいやな言葉を係官から投げられることもあるという【撮影/『DACO』編集部】

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。