タイ 2014年6月27日

第三の性を生きるミス・ティファニーかく語りき
2007年の優勝者Filmさんに密着300分

日本が好き。日本で働きたいぐらい。でも職業の自由はないですよね!?

【18:30】 メリハリのある日本人が好き
  フィルムさんと最初に会った海辺へ戻る。日が沈む前に海辺に立ってもらった。

 「日本人は仕事中しっかり働く。遊ぶときは思いっきり羽をのばす。そのメリハリが私、とっても好きなんですよ。縁があれば日本人男性と付き合いたいわ。韓国男子より大好き! 男の見た目はこだわりません。ほどほどがちょうどいい。カッコよすぎるとモテることを自覚して遊ぶだろうし、尽くしてくれないと思うし。やっぱり中身よね」とフィルムさんは私を見た。「日本の女の人はスタイルもいいし、ファッションも自分で工夫するし個性的だし、かわいいし」。

 テレビの仕事で日本に行ったときのことをふり返る。「日本で話題の性転換手術を受けたガトゥーイのタレント、はるな愛さんとも会ったのよ。素敵なお姉さんね」。

【19:15】 その日まで生き抜くだけ
  フィルムさん、行きつけのカフェ「Cake Cafe」で、タイ風焼き飯、カオパットとチョコレートケーキを食べる。ひとりごはんの定番メニュー。隣の子どもがこちらのテーブルを荒らす。携帯電話で話しながら、あちらへと手で子どもを払う。

 「歳を重ねることは全然こわくないです。いつ死ぬかなんて、だれにもわからないから、その日まで生き抜くだけよ。将来は、美容に関係する仕事をしていきたいけど、自分のケアは身だしなみとして整えておけばいい。それは私に限らず、みなさんそうでしょう。人を不快にしない程度のおしゃれはマナーですよね。美の衰えはこわくないんです」。フィルムさん、23歳の声。

 「インタビューの記事が載ったら送ってくださいね」。細く長い腕と指を重ねてワイ(?)を送ってくれた。すっかり日が沈んで、急発進で飛ばす車を見送って、フィルムさんとさようなら。

携帯電話で話すのは実家のお母さん。実はとってもお母さん子【撮影/『DACO』編集部】


 私たちには、男なら「彼」、女なら「彼女」という3人称代名詞がある。今回会ったフィルムさんは、その「彼」「彼女」のいずれでも表現することができなかった。

 何にも置き換えられない、あるのは本人の名前だけ。いつでもフィルムさんなのだった。

 現在、フィルムさんは28歳。ときどきテレビのビューティ番組やフェイスブック上でビューティ製品のプロモーションに協力したり、恋人がペットショップの仕事をしているので、その手伝いをしているという。

(文・撮影/『DACO』 編集部 『DACO』2009年9月20日号より、※一部修正)

『DACO』とは?:バンコクで月2回発行される無料の情報誌。発行人の沼舘幹夫編集長は25年近く前に日本の通信社からニュースを仕入れ、在タイ日本人に伝えるために駐在員として来タイした。

 

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。