橘玲の世界投資見聞録 2014年7月3日

拒食症とPTSDから分かる、
誰もが「アメリカ人と同じように狂わなければならない」時代
[橘玲の世界投資見聞録]

カウンセリングやセラピーの効果もあやしい

 欧米からスリランカの被災地にやってきメンタルヘルスの支援者たちの活動現場を見た現地の医師や専門家は、いちようにその効果に首を傾げた。

 大小さまざまなカウンセリンググループが被災地に集まったため、たちまちグループ間で患者の奪い合いがはじまった。どの支援グループも「この避難所は自分たちのものだ」と言い張り、おもちゃなどで子どもたちの気をひいた。彼らは「自分たちの」子どもに「よその」子どもと遊ばないようにいいつけ、そのことで喧嘩になったり、子ども同士で敵対心が芽生えることもあった。

 さらに問題なのは、欧米のカウンセラーのほぼ全員が地元の言葉を話せず、通訳を雇わなければならなかったことだ。スリランカでは大規模な国際緊急援助が行なわれており、通訳は圧倒的に不足していた。そのためカウンセラーたちは、観光バスの運転手のような片言の英語しか話せない者を使ってセラピーを行なった。

 こうした“にわか通訳”は、当然、メンタルヘルスの専門用語をまったく知らない。セラピーは“ことばによる治療”だが、それはデタラメな翻訳で行なわれた。

 大手製薬会社もこの混乱に加わった。抗うつ剤ゾロフトを販売するファイザー製薬は津波から1ヵ月後にバンコクで大規模なセミナーを主催し、「抗うつ剤は津波に苦しむひとびとの、こころの健康や社会心理的な適応、経済的回復を進めるのに有効な手段となる」との専門家の講演が行なわれた。WHOの監視団によれば、スリランカを訪れた団体のなかには、住民にただ抗うつ剤を配るだけのところもあった。

 しかしそれでも、カウンセリングやセラピーに効果があるのなら、なにがしかの役に立つかもしれない。だがそれも最近ではあやしくなっている。

 アメリカではPTSDを防ぐために非常事態ストレス・デブリーフィング(CSID)という手法が確立している。恐ろしい出来事の数時間から数日後に実施されるカウンセリングで、訓練を受けた指導員がトラウマによるストレス反応についての情報を被害者に与え、体験の内容や感情を聞き出し、事件全体をもういちど再現してもらう。PTSDの原因は心的「外傷」だから、デブリーフィングも傷を受けてからすぐに行なうよう推奨されている。支援員たちは台風の被災地などアメリカ国内で活躍するだけでなく、大挙して国外にも出かけていくようになった。

 だがその後、デブリーフィングはほとんど役に立たないことがわかってきた。

 トラウマ・カウンセリングが全盛をきわめた1990年代に発表された研究はことごとく、早期介入には効果がないことを示している。数百人の交通事故被害者を追跡調査した研究では、デブリーフィングを受ける犠牲者群と、早期の心理療法をなにもしない犠牲者群に振り分けたが、3年後のインタビューではデブリーフィングを受けたひとびとに不安や抑うつ傾向があり、車に乗るときに絶えず恐怖を感じていることが多かった。

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。