橘玲の世界投資見聞録 2014年7月16日

アメリカでは否定されている「トラウマ理論」
”わかりやすい説明”ほど危険なものはない
〔橘玲の世界投資見聞録〕

アメリカでは否定されたトンデモ科学

 ロスタフの研究につづき、認知心理学者たちがつぎつぎと「記憶はつくりだせる」という研究を発表したことで、アメリカ心理学会や精神医学会は「回復した記憶が真実か否かを判断する決定的な手段はない」と結論づけ、米国医師会は94年に「蘇った記憶の信頼性は不確実であり、外部からの暗示に影響されている」との声明を発表した。

 これを受けて司法の方針も転換され、メリーランド州裁判所は96年に、ハーマンらの研究を取りあげ、「抑圧理論を証明しようとする研究は、まったく非科学的でバイアスがかかったものである」との判断を下した。その後、各地の裁判所が「蘇った記憶」による告発を却下するようになり、爆発的に増えつづけた訴訟は95年に55件、96年には20件と激減した。

 その後、幼児虐待などで有罪とされ懲役刑を科せられた被告の再審が始まった。

 カリフォルニア州のジョージ・フランクリンは娘のアイリーンから、20年前に父親が8歳の少女を鈍器で殴り殺した記憶が蘇ったとして告発され、殺人罪で有罪判決を受けた。7年間の投獄の後、逆転無罪を勝ち取ると、ジョージは娘と当時の検察官を告訴した。

 さらに、「偽りの記憶」を植えつけられた女性たちが、催眠療法家やセラピストに対して損害賠償を請求する医療過誤訴訟のラッシュが始まった。親への告訴を撤回してセラピストを批判するようになった患者をリトラクター(撤回者)と呼ぶが、彼女たちは催眠療法やグループ療法によってデタラメな記憶を思い出すように強制され、家庭や社会生活を破壊されていく体験を生々しく証言した。

 このようにして1997年には「記憶戦争」にほぼ決着がつき、“トラウマ理論”はアメリカでも知識人や専門家から相手にされなくなった。そして2002年のアメリカ精神医学会の会議で「記憶回復療法の論争は死んだ」と宣言されたことで、ハーマン一派の敗北は決定的になった。

 ここまでの経緯は臨床心理士の矢幡洋氏が著した『危ない精神分析-マインドハッカーたちの詐術』(亜紀書房)に詳述されているが、その矢幡氏も指摘するように、日本においてジュディス・ハーマンの『心的外傷と回復』が翻訳出版されたのは1996年で、すでにアメリカでは記憶回復療法の弊害がメディアでも頻繁に取り上げられるようになっていた。それなのになぜ、このような“トンデモ本”が出版され、あまつさえ大きな影響を与えたのだろうか。

 それは、『心的外傷と回復』を翻訳したのが精神医学会の大御所である中井久夫氏だということと無関係ではないだろう。

 中井氏は統合失調症の治療と研究の権威として知られていたが、1995年の阪神・淡路大震災を機にPTSDの紹介を精力的に行ない、日本の精神医学や臨床心理学の現場に「心的外傷」という言葉を普及させた。その中井氏がお墨付きを与えたことで、アメリカでは“カルト”として葬り去られた学説が日本では“欧米の最新理論”としてありがたく押し頂かれることになった。

 精神分析療法が普及しなかった日本では、幸いなことに、アメリカのような深刻な被害は起きてはいない。だが逆にそのことが“抑圧された記憶”というトンデモ科学を安易に受け入れ、テレビドラマやマンガ、ミステリーなどのエンタテインメントで多用することにつながったのではないだろうか。

 「わかりやすい説明」ほど危険なものはない。とくにそれを権力闘争や金儲け、“正義の実現”に利用しようとするひとがでてくると、とてつもない社会的災害を引き起こすことになる。私たちはこのことに、常に自覚的でなければならない。

   

 <執筆・ 橘 玲(たちばな あきら)>

 作家。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。「新世紀の資本論」と評された『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ベストセラーに。著書に『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』(以上ダイヤモンド社)などがある。

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)にて
橘玲『世の中の仕組みと人生のデザイン』を配信開始!(20日間無料体験中)

次回の配信は、7月24日になりますのでそれまでにご登録をお願いします。

 
『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル 』

 

作家・橘玲が贈る、生き残りのための資産運用法!

アベノミクスはその端緒となるのか!? 大胆な金融緩和→国債価格の下落で金利上昇→円安とインフレが進行→国家債務の膨張→財政破綻(国家破産)…。そう遠くない未来に起きるかもしれない日本の"最悪のシナリオ"。その時、私たちはどうなってしまうのか? どうやって資産を生活を守っていくべきなのか? 不確実な未来に対処するため、すべての日本人に向けて書かれた全く新しい資産防衛の処方箋。

★Amazonでのお求めはコチラをクリック!
★楽天でのお求めはコチラをクリック!


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。