中国 2014年8月20日

終戦記念日に老人から聞いた日本への複雑な感情

普通の中国人とは違う視点を持つ留学経験者

 先日、日本の社会人大学院の授業で講演をさせていただく機会があった(これについてはいずれあらためて取り上げたい)。そこで挙がった意見のなかに、「反日教育を受けた若者がいずれあの国の中心になっていくことを考えると、中国に投資しようとは思えない」というのがあった。

 たしかに中国では、1989年の天安門事件を機に、その後の江沢民政権の時代に愛国心教育に力を入れるようになった。80年代以降に生まれた世代がとくにその影響を受けており、2012年の反日デモで存在感を放っていた。

 しかし一方で彼らは、中国の歴史ではじめて海外を身近に感じるようになった世代でもある。インターネットという机上の情報だけでなく、海外に留学するひとも劇的に増えた。中国教育在線(オンライン)の発表によると、2006年に13万4000人だった中国人の海外留学者数は、12年には40万人に達しようかという勢いである。それに留学後に帰国する人の数も増えている。

出典:中国教育在線


 知り合いにロンドンでの留学経験を持つ中国人がいる。これもお酒が入っていたせいかもしれないが、彼は「釣魚島(尖閣諸島)は本当は日本のものなんでしょう」と、本気とも冗談ともつかない口調でさらりと発言した。一緒にいた中国人は、それに対して特別な反応を示さなかった。彼らもまた留学経験者だった。

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。