フィリピン 2014年9月4日

「バクラ」と「トンボイ」
フィリピンではトランスジェンダーがいたるところで活躍している

子どもの性の不一致を心配する親たち

 オカマのことをフィリピンではバクラという。このバクラは一般の会社にもいるし、不動産営業などいたるところで普通に働いている。とりわけビューティパーラーやダンスインストラクターはほとんどがバクラだ。彼ら(あるいは彼女ら)はバクラであることを誇りにさえ思っているようだ。バクラであることが就職には影響しないという、なんともおおらかな社会だ。

農場のクリスマスパーティに女装で飛び入り参加したジョジョの友達。彼らは女装することに大いなる喜びを感じるらしい。周囲の子供たちは大騒ぎだ【撮影/志賀和民】

 オナベのことはトンボイという。髪を短く切って少年のような格好をしているが、胸が膨らんでいて、独特な雰囲気をかもし出している。彼らはセキュリティ・ガードなどの男性的な職業につくことが多い。かの花街の雄「ミスユニバーサル」に出演していたダンサー集団ローズ・アン・グループの女の子たちのボーイフレンドはほとんどがトンボイだったそうだ。

近所のレストランで出会ったトンボイ。腕には刺青をして大いに勇ましい【撮影/志賀和民】

 現在、フィリピンでナンバー・ワンのコメディアンであるバイス・ガンダはバクラだ。本人もバクラであることを売りにして、舞台でも地で通す。それが大いに共感を呼び、圧倒的な人気を博している。知名度においては芸能界いちばんといっても過言ではない。ちなみにバイスは英語で「副」という意味で、ガンダはタガログ語で「美」という意味。日本語にしたらどうなるか、いい言葉が思い浮かばないが、まさにバクラの人気者にふさわしい名前だ。

前々回の統一選のマカティ市長候補の応援会場でパーフォーマンスを披露したバイス・ガンダ。聴衆は候補者よりもバイ・スガンダのショーに喝采を送った【撮影/志賀和民】

 いつも女の子に間違えられるKIAN(仕事のパートナー・ジェーンの息子)が、バクラになるのではないかと、つい先日までママ・ジェーンは心配をしていた。フィリピンでは子どもができると、この性の不一致がないかどうか親は心配する。赤ちゃんは男も女もないのでわからないが、物心つくころになると、ママは肉体的な性と精神的な性が同じかどうか目をこらして観察するのだ。

 KIANの場合、最近のあまりにもスケベな行動にママ・ジェーンの心配は吹き飛んでしまったが、今度はセックス・マニャック(異常性欲者)ではないかと、心配は絶えない。 

スカートをはかせたら、にわかに女の子になりきって、従妹の女の子とダンスを始めたKIAN。これを見てママ・ジェーンはKIANがバクラではないかと大いに心配した【撮影/志賀和民】

【関連記事】おかまの大スター、バイスガンダと最新ヒット曲の謎

(文・撮影/志賀和民)

著者紹介:志賀和民(しが・かずたみ)
東京出身。東北大学大学院修了後、日揮(株)入社。シンガポールにをかわきりに海外勤務を歴任。1989年日揮関連会社社長に就任しフィリピンに移住。2007年4月PASCO(サロン・デ・パスコ)取締役。

 


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。