中国 2014年10月22日

これから10年、中国もアジアも激動する。
そのなかで起業家はなにをなすべきか?【第1回】

時代錯誤の丁稚奉公

 彼が私にはじめて会いにきたのは、私の親友に連れられてのことでした。300キロあまり離れた場所からわざわざ来たわりには、緊張であまり話せない様子でしたが、恥ずかしそうに私の差し出す名刺を受け取ると黙々と焼肉を食べていました。

 彼が帰った後、そのテーブルの上に持ち帰るのを忘れてしまった私の名刺があるのを見て、苦笑しながら、「縁がなかったんだろう」と独り言が口から出てきていました。

 ところが翌日朝早くに、家の外で私を呼ぶ声がして目覚めると、その彼が恥ずかしそうに立っていました。

 「すみません、昨晩うっかり名刺を忘れてしまって。取りにきました」

 気づいたときにはかなり遠くまで行っていたはずです。それなのに、名刺1枚のためにまた戻ってきた。うっかり者ではありましたが、可愛い人間でした。

 その次に彼と会ったのは空港でした。夜10時過ぎのセントレアに到着する私を、また300キロの道のりをやってきて出迎え、私の家で夜中の2時まで話し込むと、朝6時から仕事があるといって帰っていきました。

 その後私は、「もしよかったら僕のところにいらっしゃい」と彼に声をかけました。

 彼はちょっと変わった経歴でした。15歳の時やんちゃをしており、家族旅行だと言われて連れて行かれたのは海の向こうの離れ小島にある学校(収容所?)で、親からは勘当されてしまいます。離れ小島での数年間を終えると、その後、長野のとある町にたどり着き、ガソリンスタンドでアルバイトをしているところをある会社の社長に拾われて、それから10数年必死にその道で暮らしてきた男でした。ふと気づけば、その分野の仕事では日本一のレベルまでやったようです。

 しかし、肉体を酷使するその仕事の延長線上にどうやら自分の将来像が描けなかったらしく、自分の人生を変えたいと私のところに来たのです。

 月収100万円近くもらっていながら、貯金はたった40万円、毎晩キャバクラ。自分がやってきた分野では日本一でも、パソコンはもとより包丁も握れるかわからない。そんな彼でしたが、夢があり、運が強く、若い人間でした。

 パソコンひとつ使えないことを見れば、「こりゃ相当時間かかるな」という思いがないことはないですが、パソコンなんか使えなくても商売はできるし、いやもっとシンプルに、覚えればいいだけのことです。それよりも、自分の人生に対するまっすぐな気持ちと素直な考え方のほうが、うんと大事な訳です。

 こうして、彼は私の自宅の私の部屋に住み込んで、私と共に夜遅くまで一緒に話し、私の横に布団を敷いて寝泊まりする、まさに時代錯誤な丁稚奉公がスタートしたわけです。

次のページ>> エリートから豚飼いへ

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。