タイ 2014年12月2日

なぜ、50年以上経った今も、タイでこの商品が愛されているのかタイ国  ロングセラー調査室【第2回】

星と象印のビーチサンダル<製造開始年:昭和28年(1953年)> 

現在の価格99バーツ(約346円)【撮影/『DACO』 編集部】

 白い台に青い鼻緒が代表的なナンヤーン社のブランド。星の中に象が描かれたロゴの同社製品は優れた耐久性と巧みな販売戦略で、かつてはビーチサンダル・ナンバーワンの座に。現在はトイレ専用のサンダル、または家の中でスリッパとして利用されることが多い。

 ファッション性を意識して、国内で初めて商品名のロゴにアルファベットを用いたメーカーでもある。タイでナンヤーン製品が初めて発売されたのは1953年。当初はシンガポールからの輸入品だったが、時の首相ピブンソンクラームが輸入に否定的だったことから国内生産を開始した。

 耐久性と履きやすさから人気が出てコピー商品も生まれたが、耐久性は他に抜きん出ている。社名の「ナンヤーン(南洋)」とは中国語で東南アジアを意味する。

ダブルグース印のTシャツ<製造開始年:昭和28年(1953年)> 

現在の価格105バーツ(約367円)【撮影/『DACO』 編集部】


 着心地と品質を重視した丸首白無地綿Tシャツで、タイ国産Tシャツの草分け的存在。

 1953年頃、中国からの移民ジュア・タナサックソムバットはブラパー宮殿周辺で仕立屋を開き、下着や石鹸などのオリジナル製品も販売するようになった。ダブルグースの誕生もその当時。品質の良さで人気を得て、主要製品となった。コピー商品も多数存在するが、縫製(首回りの継ぎ目)で、一目でそれとわかる場合もある。

 今もダブルグースは紳士・婦人・子供用のランニングやTシャツなど商品の幅を広げ全国展開している。

ターニン製ラジオ<昭和31年(1956年)>

現在の価格490バーツ(約1715円)【撮影/『DACO』 編集部】

 タイ国内初の家電メーカー、ターニン社製トランジスタラジオ。AM放送が聴けるトランジスタラジオが普及し始めた1956年、都市部の裕福層には輸入品ラジオが人気だったが、地方では安価なターニン社製が主流だった。

 1949年、ウドム・ウィタヤシリナンは「ターニン」という名前の店舗をオープンし、趣味が高じた真空管ラジオの製造販売を始めた。当時「シルバー」というブランド名だったが、コピー商品が出回り始めたことから1956年にブランド名を「ターニン」に変更。「ターニンなら1バーツも無駄にしない」「タイ人が作り、タイ人が使い、タイは発展」というキャッチコピーを掲げ、取扱製品はラジオからテレビ、扇風機、炊飯器など多岐にわたった。家電市場シェアはナショナル(当時)、ソニーに続く3位を獲得したものの、経営不振に陥り、業務を縮小する。屋台のBGMはこのラジオから流れて来ることが多いが、生産は中止されており、現在、売られているのはコピー商品である。

プラノーム母さん印の唐辛子ペースト<製造開始年:昭和34年(1959年)>

現在の価格33バーツ(約115円)【撮影/『DACO』 編集部】

 50年にわたり親しまれている瓶入り焼き唐辛子ペーストの先駆的存在。主要原材料は乾燥唐辛子、ニンニク、赤タマネギ、塩、海老味噌、魚醤、椰子糖、干しエビ。トムヤムクンなどのスープや炒め物の調味料として、また揚げ物や野菜につけるディップとして食す。

 市場での量り売りが主流だった時代から、創始者プラノームさん夫妻は忙しい現代人の生活様式に合わせて瓶詰めを考案し全国を行商した。夫妻のモットー「自社製造・自社販売」は今も受け継がれている。


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。