橘玲の世界投資見聞録 2014年12月25日

風俗嬢にもなれない
「最貧困女子」問題の解決法とは?
[橘玲の世界投資見聞録]

女子大生の3人に1人が風俗嬢!?

 最貧困女子を生み出す要因となったのが風俗嬢の大量供給だが、中村氏は『日本の風俗嬢』で驚くような例を挙げている。

 慶応義塾大学を卒業後、某一部上場企業で働いている女性は、大学2年のときに吉原のソープランドに入店して4年生の春まで働いた。そのほかにも福原のソープランドで働く神戸大学法学部3年生や、千葉市内のデリバリーヘルスに勤務する千葉大学大学院修士課程に在学中の女性などが次々と出てくる。

 彼女たちに共通するのは地方出身で実家が貧しいことで、最初は家庭教師や塾の講師などで生活費を賄おうとするが、それでは学業と両立できないことを悟って、より短時間で高収入が得られる風俗に“転職”する。いまや地方出身の女子大生にとって風俗は主要な収入源で、「男性に売れるレベルの容姿、体型、素人っぽさを持っている地方出身の一人暮らし」で「仕送りが平均より少ない」という条件に限定すれば、女子大生の3人に1人が風俗の仕事をしていても不思議はないと中村氏はいう。

 風俗の仕事が若い女性たちに認知されたのは、獲得した顧客に応じて収入が増える実力主義・成果報酬の給与体系で、出退勤や労働時間、休日を自由に決められる完全フレックスタイムだからだ。これはグローバルスタンダードにおける最先端の働き方で、サービス残業で会社に滅私奉公するのが当たり前という日本的労働慣行に適応できない若いひとたちにはきわめて魅力的なのだ。
『日本の風俗嬢』でもうひとつ驚いたのは、風俗嬢たちがきわめて堅実な将来設計を持っていることだ。

 東京新大久保のファッションヘルスに勤める33歳の女性は介護福祉士の資格を持ち、あと2年実務経験を積めばケアマネ(介護支援専門員)の受験資格ももらえるという。育児休業中の時間がもったいないのでAVデビューするという35歳の女性は介護老人保健施設の現場主任をしていた。また大坂難波のSMクラブでは、9人の女王様のうち3人は介護の仕事をしていた。彼女たちはみんな、年齢的に“性”を売ることができなくなったら介護の仕事に戻ることを考えている。

 風俗業界に介護関係者が多いのは、介護業界の賃金が低くてそれだけでは食べていけないということもあるが、仕事の性質がよく似ているからでもある。彼女たちからすれば、介護において高齢者に提供していたサービスを男性一般に拡張すると風俗になるのだ。

 かつては身体を売ることが女性にとっての最後のセイフティネットとされていたが、今では風俗で働けなくなった女性のセイフティネットが介護業界になっている。

指名トップの風俗嬢は一流企業でも通用する

 風俗が若い女性にとってごく当たり前の職業選択のひとつになったことで、“職業人”として求められる要求も厳しくなってきた。かつて風俗の世界は社会の常識に適応できないひとたちが生きる場所だったが、いまでは「時間に遅れる」「約束を守らない」「自己管理できない」など社会性が欠落した女性はまっさきに解雇されてしまう。

 指名を獲得するには技術だけでなくコミュニケーション能力も大事で、どんな男性とも対等に話ができるために、社会問題、政治経済、法律、国際問題から映画、テレビ、スポーツ、アニメ、お笑いまで多様な知識を持つ必要がある。風俗嬢として成功するには社会人と同等かそれ以上のプロ意識を要求され、人気の風俗店で指名トップを争うような女の子は美人でコミュ力が高く頭もいいから、能力的には一流企業でも通用するのだという。

 風俗嬢はいまでも世間の偏見に晒されているが、その一方でAVプロダクションには応募が殺到し、自分の名前で作品を出せる単体AV女優はグラビアアイドルやレースクイーンなどよりはるかに狭き門で、(一部の)女性たちの憧れの職業だ。風俗店でもライバルたちとの競争に勝って指名を獲得するのは高いモチベーションになっていて、収入だけでなく自己実現や承認欲求も満たされてしまうのだ。

 こうした現状を知れば、もっとも現実的な対応はオランダやスイス、ドイツなどヨーロッパの国々と同様に売春を合法化することだろう。労働基準法でセックスワーカーの権利を保護し、年金や健康保険など社会保険制度への加入を促し、業者を法の管理下に置くことで暴力団の関与を絶って適正な納税を行なわせれば、(顧客を含む)関係者全員に多大な利益をもたらすはずだ。

 だが売春を合法化したところで、風俗業界に入ることのできない「最貧困女子」の問題は解決できない。


作家・橘玲のディープな見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額800円+税
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。