ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

ITイノベーションのアイデアを創出する方法

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第32回】 2014年12月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4

 イノベーションワークショップは、ITを活用したイノベーションを創出するための啓発的講義、事例研究、および、前述のC-NES分析手法を使った実際のアイデア創出ワークショップを組み合せた参加型の実践的プログラムである。

 後半のアイデア創出ワークショップでは、メンバーがアイデアを出し合い、発散と収束を繰り返すことで自社のコンピタンスとの整合性が考慮されたイノベーションのアイデアが多数抽出されることとなる(図3)

 社内にイノベーションを管轄する部署もなければ、その専門家もいないというのが通常である。一方で、経営者や研究者など一部のカリスマリーダーがイノベーションの牽引役となるだけでなく、すべての従業員がイノベーターの候補者とならなければならない時代なのである。

 しかし、多くの参画者を巻き込みつつイノベーションを企業風土の領域まで定着させるには、プロセスの確立が不可欠であり、そのプロセス全体をファシリテートする役割を担う人材が必要となる。イノベーションの創出を期待する経営者は、何回かの試験的なイノベーションワークショップを実施することで変革のファシリテーターとなる人材を育成しつつ、幅広く従業員にイノベーション創出の意識を醸成することが求められる。

previous page
4
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧