クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]

JCBのプラチナカード「ザ・クラス」保有者向けに
ディズニーシー内に設けられた特別ラウンジを公開!
東京ディズニーリゾートの“都市伝説”は本当だった!

2015年1月26日公開(2019年7月18日更新)
ポイ探ニュース(菊地崇仁)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
2

JCBの特別ラウンジは
「ストームライダー」の建物の4階に存在した!

 アトラクション内には、何も書かれていないドアがあり、そこから入室する。すると、「JCB Lounge」と書かれた入り口があるので、その前で再度ラウンジの招待券と「ザ・クラス」のクレジットカードを提示する。ラウンジの招待券はそこで回収された。

東京ディズニーシー「ストームライダー」の建物の4階。エレベーターの前のぬいぐるみが置かれた場所が、特別ラウンジとなる

 少し奥に進むとエレベーターがあるので、それに載って4階まで行くと、大きなミッキーマウスのぬいぐるみがたくさん置かれた部屋に到着する。天井も高く、明るい開放的な空間だ。

 大きなミッキーのぬいぐるみなどは、子供たちがエレベーターが開いた瞬間にグチャグチャにして遊んでしまったため、残念ながら写真撮影ができなかった。

 ラウンジの中にはソファー席が2~3席あるだけなので、最大でも3組程度しか同時に利用できないだろう。ただし、今年は東京ディズニーシーで初めてハロウィーンイベントが行われ、その10月の土曜日という非常に混んでいる時期であったが、ラウンジには筆者の家族のほかは誰もいなかった。

 スタッフに確認したところ、「この後の時間は、2組が同時に入室することになる」と言っていたため、絶対にバッティングしないというわけではないようだ。それでも、1度に利用できる組数は決まっているのだろう。

 ラウンジ内は、東京ディズニーシーにいるとは思えないほど落ち着いたプライベート空間となっている。スタッフが子供の相手をしてくれ、本やぬいぐるみで遊んでいたため、大人もゆっくりくつろぐことができた。

 また、ぬいぐるみが置いてある場所はカーペットになっており、靴を脱いで遊ぶことができた。東京ディズニーリゾート内で、靴を脱いで遊べる空間はそれほどないのではないだろうか。

 ラウンジには、コーヒーや紅茶、アップルジュース、オレンジジュースなどの飲料が用意されている。アルコール飲料は提供されない。

ラウンジで休憩後、待ち時間なしでアトラクションへ

「ストームライダー」待ち時間

 ラウンジの利用は、15分~20分程度の時間だ。アトラクションの開始・終了の時間を見計らい、ちょうどいいタイミングでアトラクションに誘導される。ラウンジは4階にあるため、まずはエレベーターで1階まで行く。スタッフの指示に従って移動したが、一般のお客さんと会わないように注意を払ってくれているようだ。

 通常のお客さんは建物外で待っているが、我々は既に建物内にいるため、「ストームライダー」に乗るためのレーンの一番先頭に並ぶことが可能だ。その後で、建物の入り口ドアが開き、一般のお客さんが入場することになる。つまり、ファストパスよりも早くアトラクションに入ることが可能だ。

 ちなみに、その時の「ストームライダー」の待ち時間を見ると90分だった。1枚ファストパスが付いていると考えると、時間を有効利用することができる。

 「ストームライダー」のアトラクションの終了後、表に出てからあらためて建物を見てみると、ラウンジのある場所が判別できた。

 右の写真と上に載せたエレベーター前の写真を見比べると、どのあたりにラウンジがあるのか判別付くのではないだろうか? ちなみに、ラウンジに行く場合は、左側の出口レーンから案内されることになる。

JCBのプラチナカード「ザ・クラス」を取得するには
インビテーション(招待)を待つしかない

JCBのプラチナカード「ザ・クラス」

 JCBのプラチナカード「ザ・クラス」は、自分で申し込むことはできず、基本的にインビテーションのみとなる。「JCBゴールドカード」の利用実績に応じてインビテーションが送られるので、それを待つしかない。

 「ザ・クラス」を保有するための利用実績や年齢などの基準は公開されていないため、「JCBゴールドカード」をどの程度利用するとインビテーションが送られるかは不明だ。おそらくだが、年間利用額で300万円以上は見たほうが良いだろう。

JCBゴールド
還元率 0.5~2.5%
おすすめクレジットカード!JCBゴールドカード
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1万円
(初年度無料はオンライン入会&期間限定)
家族カード あり(1人は年会費無料。2人目から年会費
1000円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
JCBゴールドカード公式サイトはこちら

 また、JCBブランドのクレジットカード「JAL・JCBカード プラチナ」や「セディナ プラチナカード(JCB)」も、JCBが提供するプラチナサービスの一部(コンシェルジュサービス、JCBプレミアムステイプランなど)が利用可能だが、今回紹介した東京ディズニーリゾートのラウンジサービスは利用できない。JCBがスポンサーのアトラクションのラウンジ利用については、「ザ・クラス」の保有者限定のサービスとなる。

 今回、実際にラウンジを利用してみる前は、「ザ・クラス」は、年間パスポートを保有しているような東京ディズニーリゾートマニア向けのカードと思っていた。しかし実際は、そこまで東京ディズニーリゾートに通っていない人の方が、メリットはあるのかもしれない。

 上で書いたように、ラウンジの招待券は1年に1回のみ請求が可能となっている。毎週のように東京ディズニーリゾートに通っているマニアにとっては、年1回しか利用できないという制限は困るだろう。

 さらに、東京ディズニーランドに詳しい人は、効率よくアトラクションを回る術も知っている。筆者は、10年ぶりくらいに東京ディズニーシーへ行ったため、ファストパスの取得方法すら知らず、正直アトラクションをどの順番で回ったら良いのかなどがまったく不明だった。そのため、人混みから避けられるラウンジは、非常に快適に思えた。

 年に1回程度、子供や孫、甥・姪を東京ディズニーリゾートに連れて行くような人には、「ザ・クラス」は良いカードとなるのではないだろうか。

 今回は、東京ディズニーランドの中にある秘密のラウンジについて紹介した。ただし、このラウンジは「ザ・クラス」のメリットの極一部にすぎない。「ザ・クラス」の魅力については、今後さらにくわしく紹介していく予定だ。

JCB ザ・クラス(THE CLASS)
還元率 0.5~2.5%
クレジットカードおすすめ比較!ザ・クラスの詳細はこちら
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 5万円
家族カード あり(無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
JCB ザ・クラス(THE CLASS)の公式サイトはこちら!

■JCBの最高峰クレジットカード「JCBザ・クラス」、JCBのコストパフォーマンス抜群の招待制ゴールドカード「JCBゴールド ザ・プレミア」を取得するには、まずは「JCB一般カード」か「JCBゴールドカード」を使い倒せ!

【東京ディズニーランドで得する「ザ・クラス」の関連記事はこちら!】
◆最強プラチナカード「JCBザ・クラス」を保有して東京ディズニーリゾートでVIP待遇を受けよう!定番カード「JCB ORIGINAL SERIES」の魅力とは
◆東京ディズニーランドで唯一飲酒可能な“隠れ家”!JCBのプラチナカード「ザ・クラス」保有者限定のマップ未掲載の「秘密のレストラン」に潜入した!
◆東京ディズニーランドの“都市伝説”の真相は?「JCB ザ・クラス」保有者だけが利用できる「スター・ツアーズ」内の特別ラウンジをレポート!

JCB一般カード(JCB オリジナル シリーズ)
還元率 0.5~2.5%
JCB一般カード(JCB オリジナル シリーズ)
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円
(初年度無料はオンライン入会限定。また、年50万円以上利用+利用明細Web確認サービス「MyJチェック」登録で次年度以降も無料)
家族カード あり(初年度無料、2年目以降400円(税抜)。本会員が年会費無料の条件を満たせば家族会員も無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
JCB一般カード(JCB オリジナル シリーズ)公式サイトはこちら
JCBゴールド
還元率 0.5~2.5%
おすすめクレジットカード!JCBゴールドカード
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1万円
(初年度無料はオンライン入会&期間限定)
家族カード あり(1人は年会費無料。2人目から年会費
1000円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
JCBゴールドカード公式サイトはこちら

【JCBの最高峰クレジットカード「ザ・クラス」の関連記事はこちら!】
◆クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(前編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!
◆クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(後編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!
◆「JCBゴールド ザ・プレミア」は、低コストながらプライオリティ・パスの最上級クラスを取得可能!「楽天プレミアムカード」よりお得なゴールドカード
◆おすすめのプラチナカード&ブラックカードBEST3!第1位は、ディズニーリゾート内の秘密ラウンジなどお金では買えない特典が満載の“あのカード”に!
◆ダイナースクラブカードやプラチナカードに付帯の「高級レストランの料理が1人分無料」になるという「レストラン特典」を実際に体験してみると……
◆プラチナカードのコンシェルジュの実力は?JCB「ザ・クラス」では大相撲千秋楽やJRのチケットも手数料無料で手配できる!
◆年会費5万円のプラチナカードのコスパを考察!2万円分のカタログギフト、空港ラウンジなどの付帯サービスで年会費のモトは取れるのか!?

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2020年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2020年7月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード「オリコモール」活用で「Amazon」では還元率2%になるほか、各サイトで貯まるポイントも含めれば「楽天市場」では還元率2.5%「Yahoo!ショッピング」では還元率3.0%、サイトによっては還元率15%以上に達するなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 ◆エポスカード(エポスカード)

0.5~10%

永年無料 VISA Suica
楽天Edy
エポスカード公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1万店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
関連記事
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気の株500激辛診断
急落で勝てるワザ
儲かる株の見つけ方

8月号6月19日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!


[人気株&米国株の激辛診断]

2020年夏版
人気の株500+Jリート14の激辛診断
ザイ独自の業績予想にも注目!!

儲かる株の見つけ方
・[1]旬の3大テーマから見つける!
今期会社予想が増収増益の株
コロナ対策が追い風の株
逆境の中でも高値で年初来高値の株
・[2]5大ランキング[3]セクター別
●2020年夏のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
大型株371銘柄/新興株銘柄/Jリート10銘柄

●初心者から上級者まで急落で勝てるワザ38
・【Prologue】もはやバブル!?
第2のショックに備えろ!

・【Part1】
普段から守るべき基本ワザ16
・【Part2】トレンドを察知するチャートワザ・10
・【Part3】損失を小さくするヘッジワザ12

●新型コロナで割安度が一変!
上場全3772銘柄の最新理論株価

●アフターコロナで勝てるのは?
2020年夏版・人気米国株100激辛診断
・NASDAQ高成長株35

ネットフリックスやマイクロソフトが買い!
・NYSE国際優良株65
コカ・コーラやP&Gが買い!

成功サラリーマンに聞く「投信積立」Q&A
・ー最初の3ステップ!設定マニュアル付き

●自腹でガチンコ投資!
AKB48株ガチバトルサード・シーズン
「オイシイ株はまだ残ってますか?」編
●株入門マンガ恋する株式相場!
VOL.46 「コロナの勝ち組企業を探せ」
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「子どもが激怒!?甘いシニア婚の甘くない現実」
●月イチで健全度&利回りの変化をチェック!
人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ

【別冊付録】
もしもでも役立つふるさと納税
・コロナで闘う人たちにエール
・防災グッズ
・少額返礼品

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読サービスセンターの営業時間について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報