SNBの為替維持策失敗もあり
日銀の金融政策の信認は低下する?

 もう1つ、我々が頭に入れておくべきポイントがある。それは、「スイス中銀の政策には限界があったということは、日銀の政策にも限界があるかもしれない」との疑心暗鬼が出る懸念があることだ。

 それぞれの国の経済や中央銀行の規模の違いによって、政策効果の影響度合いや政策手段が異なるはずで、すぐに日銀の政策効果の限界が言及されることは考え難い。ただ、将来にわたってそのリスクが顕在化しないかと言われると、何かのきっかけで日銀の政策に対する信認が揺らぐ懸念は否定できない。

 現在のアベノミクスは、誰が見ても金融政策への依存度が高い。安倍政権に思い切った規制緩和や構造改革などを期待することが難しく、わが国の財政状況を考えると、大規模な財政政策の発動も困難だ。どうしても、日銀の黒田総裁が繰り出す異次元の金融緩和策に頼らざるを得ない。

 しかし、今回日銀と同じように為替レート、国内のデフレ傾向と戦ったSNBが敗北し、為替レートの維持という政策目標に白旗を上げたことで、中央銀行にとってもできること、できないことがあることが明らかになった。

 特に今回、中央銀行がその政策効果を長い時間にわたって維持することは至難の業であることが証明された。安倍政権は、金融政策の有効性を過信すべきではない。過度に金融政策に頼り、期待したような効果が顕在化しない場合には、わが国経済に大きな痛手が及ぶことも考えられる。

 SNBの為替維持策失敗によって、世界的に金融政策に対する信頼性がやや低下することも考えられる。そのリスクが顕在化すると、わが国経済の本格的な回復のために残された時間的余裕は、より少なくなる。心配が取りこし苦労であることを祈りたい。