橘玲の世界投資見聞録 2015年2月17日

南アフリカ・ソウェト、アパルトヘイト(人種隔離)が生んだ街。
黒人が外界から"隔離"したら安全な地域に変貌
[橘玲の世界投資見聞録]

典型的な貧困地域ソウェト

 アパルトヘイト時代の黒人居住区をタウンシップという。ソウェト(South Western Townshipsの略)はヨハネスブルグ郊外につくられた最大のタウンシップで、現在も住民のほぼ100%が黒人だ。

 現在のソウェトのシンボルは現代アートのようになった二本の巨大な煙突だ。閉鎖された火力発電所の施設を地元の銀行が購入し、モニュメントにしたのだという。煙突のあいだにロープで橋が渡され、バンジージャンプができるようになっている。

全面にウォールペインティングが施された巨大な煙突。現在はバンジージャンプ場  (Photo:©Alt Invest Com)

 

 ヨハネスブルグはもともと金の採掘で発展した街で、ソウェトの周辺にも鉱山跡があちこちにある。こうした場所は鉱毒で汚染されていることから居住には適さず、だからこそアパルトヘイトの時代に黒人居住区に指定された。火力発電所のような「迷惑施設」がこの近辺に建設されたのも同じ理由だ。

 ソウェトの歴史を語るうえで欠かせないのが1976年のソウェト蜂起で、中学・高校でアフリカーンス語を導入することに抗議した学生たちが大規模な抗議行動を起こし、警察が群集に無差別の発砲を行なったことで死者176人、負傷者1139人という大惨事となった。

 アフリカーンス語は南アフリカの支配層だった白人(主にオランダからの移民の子孫)の言語で、当時、学校教育は英語で行なわれていたから、この教育方針の変更は黒人支配の象徴と見なされたのだ。

ソウェト蜂起記念碑。背後の写真は、警官に撃たれたヘクター・ピーターソンと泣き叫ぶ姉。ピーターソンは当時13歳で、この写真が蜂起のきっかけになった          (Photo:©Alt Invest Com)

 1994年に全人種が参加する選挙が実施され、ネルソン・マンデラが大統領に就任すると、政府は人種差別政策のなかで貧困に苦しんできた黒人たちを救済するためソウェトの再開発に乗り出した。こうして建設されたのが公営の無料住宅で、箱型の家が整然と並んでいる。

解放後につくられた公営住宅                                (Photo:©Alt Invest Com)

 

 だがこの住宅政策は、やがて頓挫することになる。教育や福祉、インフラ整備にも多額の投資が必要で、すべての貧困層に住宅をあてがう予算はなかったからだ。

 その結果、公営住宅に隣接して巨大なスラムが生まれることになった。SHACK(掘っ立て小屋)と呼ばれる家はトタンでつくられ、室内にはベッドとわずかな家具が置かれているだけだ。水道は公営住宅の水道管から引っ張り、電気はちかくの電線から盗電する。こうしたSHACKが並ぶ貧困地域が典型的なソウェトのイメージだ。

 ガイドの説明では、SHACKは貧困層が勝手に建てて住んでいるのではなく、すべて大家がいるのだという。大家は住人から1カ月4000~5000円の家賃を徴収している。スラムは黒人の零細事業家にとっての投資物件なのだ。

トタンでつくられた家。右手の壁の向こうが公住宅        (Photo:©Alt Invest Com)

  もっともこうしたスラムに暮らすひとたちがすべて極貧の生活をしているかというと、そうともいえない。家賃が安い分だけ他のことに使う余裕ができ、スラムに住みながら子どもを大学に入れる家庭もあるのだという。

  貧困層がどういうところに住んでいるかは、その名もSHACKというバーで体験できる。スラムの家を改装した店で観光客に大人気だ。

“Welcome to the SHACK”の看板があるバー               (Photo:©Alt Invest Com)
バーの隣がブリキの家。ビリヤード台が置かれている   (Photo:©Alt Invest Com) 

 


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。