ベトナム 2015年7月21日

ベトナムが迎えた40回目の南部解放記念日
ハノイ、ホーチミン、そして在米越僑、それぞれの思い

「40年目の4月30日」は新しい国造りの節目

 私が日本に住んでいたとき、私は大して深く考えもせず「南北に分断されていた国が統一されたのだから、それはめでたいことだ」と思っていた。しかし、元・南ベトナムの首都だったホーチミンシティに住み始めるようになり「これはかなり違うぞ」と感じるようになった。生活者としてベトナムに接するようになって、いちばん驚いた発見のひとつと言って、過言ではない。

 北のハノイと南のホーチミンシティの関係は「東京と大阪のようなもの」と言われることが多い。しかし実際には、それどころではない違いを感じる。

 私自身、この問題を考え出すと、「南北問題という迷宮」に入り込んでしまう。「別の国」と考えてかかったほうが、むしろ戸惑いが少ないだろう。それくらい、根深い問題なのだ。ベトナムの人と仕事をする、またはベトナムに住む場合、これをしっかり認識しておく必要があるだろう。

 南北の溝は、時間と共に埋まっていくに違いない。例えば、私の周りでも、北部の人と南部の人が結婚するという例が増えてきたように感じる。統一前を知らない世代が増えて来ているのも、理由のひとつだろう。

 そういう状況で迎えた40年目の解放記念日は、過去を振り返る日ではない。南北がいかに融和し、これからベトナムというひとつの国をどう作っていくかを問い直す、節目の日であり節目の年なのだと思う。

2015年4月30日の様子。左は統一会堂。手前に写っているのは、大統領官邸(当時)に突入一番乗りを果たした、記念すべき390号戦車のレプリカ。右は、レユアン通りに置かれたパレード用の車輌【撮影/中安昭人】
南部解放40周年を記念して行なわれた花火大会の様子。ビテクスコファイナンシャルタワーという、ホーチミンシティでいちばん高いビルが打ち上げ会場になった【撮影/中安昭人】

(文・撮影/中安昭人)

筆者紹介:中安昭人(なかやす・あきひと)
1964年大阪生まれ。日本での約15年の編集者生活を経てベトナムの大手日系旅行会社・エーペックスベトナムが発行する「ベトナムスケッチ」(現地の日 本語フリーペーパー)の編集長として招かれ、2002年7月にベトナムへ移住。その後独立し、出版および広告業を行なう「オリザベトナム」を設立。 2000年に結婚したベトナム人妻との間に10歳になる娘が1人おり、ベトナム移住以来、ホーチミン市の下町の路地裏にある妻の実家に居候中。

 

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。