アラブ 2015年8月3日

教えて! 尚子先生
アルカイダとは何ですか?
【中東・イスラム初級講座・第26回】

アメリカ軍駐屯に激怒し、サウジ王家と決裂

 なぜ、ウサマは王家という後ろ盾を失うことも顧みないほど、激怒したのでしょうか? この理由を考えるには、サウジ・アラビア(サウド家のアラビアという意味)の成り立ちを考慮しておく必要があります。

 もちろん、ジハード論に傾倒していたウサマにとって、これまで異教徒が足を踏み入れることを拒否してきた聖地メッカを守る、ひいてはイスラム世界全体の守護者となるべきサウジ王家が、異教徒の代表格ともいえるアメリカを引き入れるということは、許されざるべきゆゆしき問題ではありました。ですが、実は問題はそれだけではないのです。

 サウジ・アラビアという国家はもともと、先ほどのべたイブン・タイミーヤの思想に強く影響をうけたムハンマド・イブン・アブドゥルワッハーブが提唱する宗教運動(イスラム原理主義運動:ワッハーブ運動)を、当時のサウジ・アラビア地域の一豪族であったサウジ家が助けて建設した国家であるという背景があったのです(1741~1818年、1824~1891年、1931年~現在まで)。

 ワッハーブはコーランを文字通り尊守し、イスラム法を厳格に守るべきであると主張します。そして、シーア派が慣習的に行なっていた聖人崇拝や聖者廟詣を偶像崇拝と強く非難し、イスラムをより預言者の時代に近いかたちにすべしとし、反対する者に対しては「ジハード」を行なうべきと唱えていました。

 このイスラムの改革運動の実現を政治的・軍事的に支えたのがサウジ王家でした。サウジ王家の統治の正当性は、ワッハーブ派の守護者としての正当性だったのです。サウジ・アラビアでは現在でもイスラム法によって人々が裁かれ、女性も全身黒づくめという厳格なスタイルが貫かれているのはこのためです(ワッハーブ派はサウジ・アラビアだけでなく、湾岸諸国に多く居住しています)。

 言い換えるなら、ワッハーブ派による建国は、現在でいうところのイスラム原理主義者たちによる国家建設であったのです。

パルミラ情景=パルミラ, シリア【撮影/安田匡範】

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。