インドネシア 2015年10月21日

インドネシアで急成長中のバイクタクシー予約システム
「GOJEK(ゴジェック)」インドネシアおもしろ&成功ビジネス

宅配から買い物まで、スマートフォンで指示するだけ

 こうした状況のもとで、バイクタクシーとスマートフォンを合わせたビジネス、それがGOJEKです。GOJEKが提供しているサービス内容からご紹介します。

【宅配サービス】

 ずばり物を届けてもらうサービス。日本でいうバイク便ですね。バイクで運べるものであれば何でも請け負ってくれます。たとえば、奥さんが会社にいるご主人にお弁当を届けたい、家に忘れ物をした友人に物を返却してあげたい、誕生日プレゼントを買ったのですぐに届けてほしい、など。自分では届けられないとき、また時間・手間・交通費がかかるという場合に使えるサービスです。

 私事ですが、つい先ほども夫から「オフィスで服が汚れたので服を届けてほしい」という依頼があり、GOJEKを使って着替えを届けました。夫のオフィスまで私が届けようとすると、タクシーで往復1~1時間半(渋滞エリアなので)、1000円ほどの交通費がかかります。

 それが、GOJEKを使うと……
アプリから宅配サービスをオーダー(1分)
GOJEKからオーダーを受けた運転手の名前と電話番号が入る(1分)
バイク運転手から「行きます」という電話入る(1分)
バイク運転手到着(5分)*物を渡し住所等を説明
バイク運転手出発
バイク運転手目的地到着(30分)

 わずか40分ほどでちゃんと夫に着替えが届きました。届いた後はバイク運転手から「今、お渡しました」とショートメッセージが入り終了。現在GOJEKプロモーション中で、料金はわずか1万ルピア(約100円)ほどでした!

 通常、料金は距離に応じて変動します。また、料金とは別に、運転手へのチップも必要で、義務ではありませんが100~300円ほどを渡すのが一般的。受け取り手も同じくチップを支払います。

【トランスポートサービス】

 通常のOJEKと同じ、バイクタクシーサービス。オーダーした時間に指定の場所まで迎えに来てくれ、目的地まで連れていってくれます。

 事前に運転手の名前と携帯番号が通知されるので、流しや道端のOJEKよりも安心ということで、人気のサービス。通勤・帰宅の時間になると、オフィスの下にはGOJEK運転手が大勢待機している、というのもおなじみの風景となってきました。

 その場でアプリで通知された運転手の携帯に電話をかければ、すぐに自分の運転手が見つかります。

【出前サービス】

 若い方は「出前」という言葉をご存知ないかもしれませんが、レストランから食事を届けてもらうサービスですね。日本では寿司やピザなど、一部の出前(デリバリー)サービスを行なっているレストランやデリバリー専門店でしか提供してくれないサービスですが、GOJEKは持ち帰りできるレストランや食べ物屋(パン屋、お菓子屋など)であればどこでも可能です。

 すでにGOJEKに登録してある店舗であれば、アプリ内でメニューを指定するだけで、運転手が店舗へ行き、購入し、届けてくれます。支払いは代引き(1万円以内)、もしくはGOJEK Credit(専用電子マネー)で可能。登録のない店舗でも店舗名と住所、メニューを伝えればOKです。

 自分で行くには面倒だし、交通費がかかる、でもあの店のあれが食べたい!というときにはとっても便利なサービスですね。


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額800円+税
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。