今回は私のところへ相談があった実例を紹介しながら、話を進めていきましょう。彼は結婚からわずか4ヵ月なのに「妻よりもっと良い子が見つかったから離婚したい」と言い出したのですが、これはどういうことでしょうか?


◆今回の離婚のトラブル/婚活サイトで知り合った女性と4ヵ月前に結婚した男性。結婚後も婚活サイトに登録したままで、新妻より一回り若い女性から次々とアプローチがあり、もっと若くていい子と結婚できるのではないか、と離婚を決意した。

<登場人物(すべて仮名)>
夫:畑中聡さん(42歳。一部上場企業の会社員で年収900万円)
妻:畑中美紀さん(38歳。派遣社員で年収250万円)
夫の彼女:クミクミ、りさぽん、あやみ1984、ゆみきちなど多数(いずれもハンドルネーム)


 きっかけは彼が私の目の前で言い放った一言でした。

「結婚4ヵ月なんですが、妻と別れたいんです!妻には不満はないんですが……」

 喉元に『何か』が引っ掛かったような言い方をするのは今回の相談者である畑中聡さん。てっきり聡さんの相談は「成田離婚」の類だと私は勘違いしていました。新婚旅行「前」に気づかなかった性格や価値観、考え方の違いが、旅行先で1週間近く一緒に過ごすことによって「後」で露わになり、異国の地での寝不足や疲労、そして「他人」と過ごすという居心地の悪さがイライラに拍車をかけ、最終的には成田空港で喧嘩別れする……そのような光景は決して珍しくないので、この連載でわざわざ取り上げるまでもありません。

子どもが2人欲しい
妻の年齢がネックだったのか?

 どうしても引っ掛かるのは聡さんの「妻に不満はない」という一点。なぜなら「不満がない→別れたい」という文脈は明らかにおかしいからです。常識的に考えれば「不満がない→別れる必要はない」が正しいでしょう。聡さんは一体、何を考えているのでしょうか?

「子どもは2人、欲しいんです!でも彼女は今、38歳。1人目はともかく2人目は望めそうにありません。だから……」