ベトナム 2016年2月1日

共存共栄を目指して
ベトナム人経営者から日本企業・日本人への苦言・提言

日本人はロボットみたい!?

 日本出張から帰って来たばかりという男性経営者からは、
「日本人は礼儀正しく、とても素晴らしい国だ」
 という誉め言葉の後に、
「しかし日本人は個性がない。みんな同じでロボットみたいだ」
 と厳しい言葉をいただいた。「ロボットみたい」というのは、言い過ぎだと思うが、確かにベトナムの人たちのほうが、日本人より多種多様に感じられる面もある。

 ただ「個性豊か」なのも、時と場合によりけりである。例えば「赤信号になったら、車は停止する」という交通ルールは、全員が守るべきことである。個性的である必要はない。ベトナムのように、赤信号の交差点で、停まっている車もあれば、強引に交差点に突っ込む車もあるという風に、「個性豊か」だと困ってしまう。

 赤信号になるとすべての車輌が止まり、青信号になると一斉に動き出す。ベトナムの人から見たらこれが「個性がない。ロボットみたいだ」と感られるのかもしれないが、ここはそうでなければならないのだ。

日本企業とベトナム企業の共存共栄の道は?

 私はレクチャーの最後をこう締め括った。
「すべての短所と長所は、コインの裏表のようなものだと私は思っています。我々日本人が、ベトナムの『悪いところ』を見かけたら、『だからベトナム人はダメなんだ』と決めつけるのではなく、『これは、どういう長所の裏返しなんだろう』と考える必要があります。ベトナムの方に関しても同じです。我々、日本人や日本企業のやりにくいところに接したときには、それが長所の裏返しであることを、思い出して欲しい」

 「何か『これは変だな』と感じるところがあっても、すぐに良し悪しを決めつけるのではなく、『どうしてだろう?』と考えてみる。お互いがこの姿勢を持って付き合えば、両国は共存共栄の関係が築けると思います」

 話が終わった後の懇親会では、名刺交換が行なわれた。私のところにも、十数人のベトナム人経営者の方が来られた。中には、質疑応答の際に、厳しい質問をしてきた人たちも含まれている。そのうちの1人、ある業界団体の副会長をしているという男性が、こう言った。

 「先ほどは厳しいことを言いましたが、我々は本当に日本人を尊敬しているし、日本企業と取引きがしたいと、心から願っているのです。日本企業とベトナム企業が、理解し協力し合いながら成長していけたらと希望しています」

 その言葉を聞いて、日越企業間のパートナーシップが、今後もますます成長していくことを、私自身も心から願った。

懇親会が終わった後、いくつかのグループから「一緒に記念撮影をしよう」と声をかけていただいた。この日の参加者の3分の1以上は女性だった。

(文・撮影/中安昭人)

筆者紹介:中安昭人(なかやす・あきひと)
1964年大阪生まれ。日本での約15年の編集者生活を経てベトナムの大手日系旅行会社・エーペックスベトナムが発行する「ベトナムスケッチ」(現地の日本語フリーペーパー)の編集長として招かれ、2002年7月にベトナムへ移住。その後独立し、出版および広告業を行なう「オリザベトナム」を設立。 2000年に結婚したベトナム人妻との間に10歳になる娘が1人おり、ベトナム移住以来、ホーチミン市の下町の路地裏にある妻の実家に居候中。

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。