直樹さんの家では、家族共用のタブレット型のパソコンを使っており、直樹さんがたまたまパソコンを開いたところ、「iCloud」という新しいフォルダがあり、直樹さんが気になってフォルダを開いてみると、数枚の写真が保存されていたようです。写真のうち、1枚にマウスを合わせ、ダブルクリックをしたところ、直樹さんが目を疑うような写真がパソコンの画面いっぱいに広がったのです。

「妻が『見知らぬ男』と肩を寄せ合っている姿でした!」

 直樹さんはそうやって声を荒らげたのですが、これはおそらく自撮りをしたのでしょう。男の右手は途中で途切れているので、男がスマートフォン等のカメラを反転させ、シャッターを切ったようです。このような写真を「撮ってもいいよ」と軽々しくOKするのも問題といえば問題ですが、それだけではありませんでした。自撮りをしたせいで、2人の姿は肩から下は映っていなかったのですが、それでも察するには十分でした。『肩から下が裸』だということは、前なのか最中なのか後なのか分かりませんが、いずれにしても性交渉をしたという事実は明らかだったのです。

 このような写真をパソコンに保存すれば、夫に不倫の事実を知られるのは時間の問題ですが、なぜ、妻はこのような失敗をしてしまったのでしょうか?

「スマホを機種変更したせいでボロが出たんです!」

 直樹さんいわく、妻は最近、スマホの機種変更をしたそうですが、そのせいでスマホで撮った写真がパソコンへ同期されてしまったのです。同期とはスマホやタブレット、パソコンなど複数の端末でデータを共有することで、例えば、スマホで撮った写真は「何もせずに」パソコンにも保存され、同じ写真を閲覧することができるので便利ですが、今回に限っては便利さが裏目に出た格好です。とはいえ、妻は今までスマホの写真はパソコンへ同期「されない」設定にしていたようです。

「もうしないわ」と
あっさり不倫を認めた妻

 今回、機種を変更するにあたり、新しいスマホで初期設定を行わなければなりませんが、おそらく適当に「はい」「はい」「はい」とクリックを続けていたのでしょう。きちんと何の設定なのか読まずに、です。そのなかの1つは「同期設定」だったのだと推測できます。なぜなら、パソコンの「iCloud」のフォルダに保存されていたのは、妻が機種変更した後の写真ばかりだったからです。とはいえ、男のスマホで撮った写真が、直樹さんの家のパソコンに同期されてきたわけではありません。あくまで妻のスマホが出所です。