アラブ 2016年4月26日

教えて! 尚子先生
「ユダヤ教」とは何ですか?【中東・イスラム初級講座・第32回】

ユダヤ教徒が守るべき安息日、食の規定、そして割礼

 では、ユダヤ教ではユダヤ教徒として、どのようなことをしなければならないのでしょうか?

 イスラム教でもそうでしたが、「神を信じればよい」という心の中の問題だけではなく、ユダヤ教を信仰する場合、神との約束を「実行する」ことが必要となってきます。

 代表的なこととしては、ユダヤ教徒はトーラーとタルムードを学ぶこと、1日3回の礼拝、成人男女(男性13歳、女性12歳以上)には年に6回の断食、シャバットと呼ばれる安息日(金曜日の日没から土曜日の日没まで:神が6日間かけて天地を創造し、7日目に休息をとったことからくる)に休息をとること、カシュルートと呼ばれる食に関する規定を尊守すること、男児には生後8日目に割礼を行なうことなどがあります。

 どれも日本人にとってはあまりなじみのないことですが、とくに安息日と食の規定、割礼については想像すらつかないかもしれません。

 安息日についてはモーセの十戒(10の守るべきこと)にも4番目に指摘されているほど重要で、「何も仕事をしてはならない」日とされています。ですが、安息日はただたんに休息すればよいというわけではありません。

 厳格なユダヤ教徒は、安息日には仕事をしないのはもちろん、車にも乗らない、料理も裁縫もせず、電化製品は使用せず、お金もつかわず、書き物もしません。テレビやラジオはもちろん見ることも聞くこともできません。エレベーターのボタンすら押せないため、安息日のエレベーターは各階止まりに最初から設定されているほどです。

 安息日に行なってよいのはシナゴーグと呼ばれるユダヤ教の教会に行き(この時に車が使えないため、厳格なユダヤ教徒はシナゴーグから歩いて通える距離にしか居住できないことになります)、礼拝を行ない、帰宅後には用意してある食事を家族とともに定められた順序に従って、神に感謝をささげながら食すことです。

 食事についてですが、食の規定についても、なんでも食べる日本人からみると、かなり厳しい規定に思えます。ユダヤ教もイスラム教徒同様に、豚に代表される、蹄が割れておらず反芻をしない4つ脚の動物(ラクダやウサギ)、うろこのない魚(イカやタコ、カニ、貝類)を食することは禁じられています(ここまではイスラム教徒も同じ)。

 宗教上に適切に処理されていない肉や、血液を不浄と考えるために、肉は焼き方にも注意を払う必要があります(ステーキもレアを食べることはできません)。さらに、チーズなどの乳製品と肉を一緒に食することも禁止されており(簡単な例を挙げると、チーズバーガーやお肉入りのシチューは×)、厳格な人はまな板や冷蔵庫も別にするほどだそうです。

 さらに、ユダヤ教徒の特徴としては、生後8日目の男児に割礼(性器の包皮の一部を切除する)をすることがあげられます。生後8日目に行なわれるため、割礼と命名式を同時に行なうことが多いようです。

 割礼はイスラム教徒も行ないますが、イスラム教徒の場合は生後8日目ではなく、おおよそ6歳から10歳ぐらいまでに行なえばよいこととなっています。割礼は聖書の「創世記」において、神がアブラハムにすべての男の子に対して割礼を行なうよう命じていることから、神との契約の一つと解釈されています。

 日本やヨーロッパのキリスト教徒の多い地区では、割礼はほとんど行われていないのですが、ユダヤ教徒やイスラム教徒の間では現在でも広く行なわれている習慣です。

 2010年、ドイツのケルンで、割礼を施した4歳のイスラム教徒の両親を持つ男児が出血多量で病院に運び込まれました。ケルン州の裁判所はこれをうけて、2012年6月に新生児や幼児に対する割礼は傷害罪を適応することを定め、割礼を行なった医師や施術者は有罪となるという決定を行なったのでした。

 その判決に対して、ベルリンではユダヤ教徒とイスラム教徒が割礼禁止に反対する大規模なデモを共同して行ない(ユダヤ教徒とイスラム教徒が共闘するのはかなり珍しい事態です)、大論争に発展しました。これは両親の宗教的意志を尊重すべきか、子どもの身体を傷つけないことのどちらを優先すべきなのかという問題だったためです。

 最終的にベルリンでは、親の同意書、宗教的な理由であること、手術は医師が行なうことの3点を確認すれば罪にはならないという決定がなされました。これはベルリンには外国人が多く暮らしていたために、早急に新たな判断が必要となったためだと考えられます。

 けれどもそれだけでなく、ナチスという過去を持つドイツ政府には、ユダヤ・コミュニティの感情を逆なでしたくないという政治的判断があったようで、10月にはドイツ連邦法で割礼は合法であるという法案が作成され、12月には異例の速さで可決され、この問題は鎮静化されました。


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額800円+税
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。