インドネシア 2016年7月22日

Uber(ウーバー)を使ってみた!
超車社会のインドネシア・ジャカルタで人気急上昇中!

Uber利用のメリット・デメリットは?

 まずは料金ですが、繁忙時間でなければタクシーよりも30%ほど安いようです。私が乗った車に関していえば、登録しているUberドライバーは非常に丁寧な対応をしてくれる人が多く、タクシーよりも気持ちよく乗れることが多い気がします(☆評価制度がよいのかと思います)。

 車の清掃は行き届いていて、サービスで飲み水や飴を用意している人もいます。新しい車が多いな、と感じていたのですが、Uber規定により購入から5年以内の車しか登録できないとのことでした。

 知らない人の自家用車に乗ることに抵抗がある人もいるかと思いますが、事前に運転手の情報がこちらに入りますので、安全性は問題ないと感じています。

 デメリットとしては、少し遠くにいるのに仕事を請けてくるドライバーがいて、到着までに予定よりも時間がかかってしまうことがあること。急ぎでタクシーが比較的捕まりやすい場所であれば、流しのタクシーを待つほうが早く乗れることもあります。

 もうひとつ、何か料金等のトラブルがあってもUberには問い合わせ専用電話番号がなく、メールのみの対応となるため、若干時間がかかること。

 私もドライバーのミスでアプリの終了が遅れ、高めの料金請求となっていたためクレームをしたところ、3日後にメールの返事がきて返金します、とのことでした。もう少し早いといいのですが、まあ、ちゃんと対応してくれるだけいいのでは、と思います。

 さて、最後に感想を。

 Uberドライバーは、なにか本業を持ちUberドライバーは副業でやっている人と、Uberドライバーを専門にやっている人がいるようです。タクシー会社の社員にならなくても空いた時間で小銭を稼げるという気軽さが、インドネシアではかなりうけていると思います。

 料金詳細を確認すると、1回のオーダーで一律3000ルピア(30円ぐらい)がUber側に入り、距離・時間・ガソリン代に応じて加算された料金がドライバーに入る仕組みになっているようです。給与は週払い、Uberから振り込み。支払いの遅れなども一切ないとのことでした。

 副業でやっている人は、平日は他の仕事をしていて土日祝だけUberドライバーをやっている、主婦もしくは主夫で子どもが学校に行っている時間だけやっている、など。月5000~2万円ほどの収入で、車のローンやお小遣いにあてている人が多いようです。

 Uberだけをやっている人は、月6万~8万円ほどの稼ぎになるようで、ジャカルタの最低賃金が月3万円ぐらいなので倍以上の収入になります(もちろん社会保険等のベネフィットはないですが)。

 利用者としては、特にジャカルタの現状でいうと、Uberが参入してタクシー以外の選択肢ができたことは非常にありがたいです。タクシーとUberまたUberと同様のサービスを提供しているGO CARやGrab Carなどを併用して、時と場所により使い分けるとかなり便利でお得です。

 Uberの登場によって、いままで殿様商売をしていたタクシー会社も若干料金を下げましたし、タクシードライバーの中にはサービス業とは思えない態度の悪いドライバーも多かったのですが、最近はそれも改まったような気がします。

 Uberがあってもタクシーが必要な状況というのも必ずあり、Uberを使いたくない人もいます。また、領収書が出ないので法人での利用はまだ難しそうです。

 これからも料金の下げ合いではなくサービス内容の向上・差別化で、ぜひいい意味での競争・共存をして欲しいと思います!

(文・写真/長野綾子)

著者紹介:長野綾子(ながの・あやこ)
1976年生まれ。日本語教師としてインドネシアと出会い、2005年からグローバル人材紹介会社JACリクルートメントで、日系企業・日本人求職者のサポートを担当。ジャカルタ在住8年。

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額800円+税
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。