女性の本能が目覚めるダンスで
筋力とともにとセクシーさもアップ

「私のスタジオは女性専用ですが、ビジターの生徒は『セクシーになりたい』『女子力を上げたい』という人が多いですね。ネットで“女性 習いごと”や“女性 ダンス”で検索して、ポールダンスを知る人もいるようです。あとは友達が習っていて興味を持ったということで来る人も。レッスンを見学して、『眠っていた女性の本能が目覚めました!私がやりたかったのはこれです!』とハマる人もいます」

眠っていた女性の本能が目覚める!?ポールダンスに魅せられてレッスンを始める女性が増えており、今ではポールダンス人口はおよそ1万人となった

 そもそも、“ポールダンス=セクシー”たる所以はどのような要素にあるのだろうか。高倉さんは次のように分析する。

「まず、ポールダンスは肌の摩擦で身体を止めながらパフォーマンスするので、露出が多いこと。そして、ポールを使うことで女性らしいラインが強調されますので、色気を醸し出すことになること、この2つが大きいと思います」

「たとえば、ポールに掴まって回転する技がありますが、首の向きを後方に反らすことで、酔わないし、遠心力の抵抗をそらしてスピードが出ます。これを猫背でやろうとすると、回転が掛からず技としての見栄えが悪くなります。ポールダンスの姿勢は基本的に身体を“S字”にするのですが、これが女性っぽい印象を与えるため、見ている側はセクシーに感じるのだろうと考えています」

 ポールダンスを続けていると、日常生活でも“艶っぽいオーラ”を醸し出せるようになるようで、高倉さんもレッスンに通う生徒などから、「食べるときの所作が美しい」「座っている姿勢が綺麗」と言われることが多いという。ポールダンスを通して、ファッションやメイクだけでは変えられない雰囲気が手に入るのも、女性たちを魅了しているポイントなのかもしれない。

 さらに、クラシックバレエなどの要素も含まれることから、フィットネス面から見ても、身体鍛錬の効果は絶大だという。

「『腹筋』『腕筋』『背筋』『体幹』がしっかり鍛えられていないと、体勢をキープできません。ポールダンスは全身運動なので、練習を続けていると自然と身体が引き締まります。以前、大手フィットネスジムのトレーナーが、セクシーになりたいとかではなく、筋トレ目的で習いに来ていました。『ジムには機械がたくさんありますが、ポール1本で全身をバランスよく鍛えられるので嬉しい』とのことでした。また、15cmから20cmほどのヒールを履いて踊るため、ほぼつま先立ち状態になるのですが、これによって体幹もしっかり鍛えられます」