写真:西村尚己/アフロ

3月1日、新卒採用の説明会が解禁されたが、新型コロナウイルスの影響により相次いで中止になっている。この“想定外”の就活スタートに学生からは不安の声が上がる中、代替策として急遽ウェブでの説明会に踏み切る企業が増えている。思わぬ需要で注目が集まる、ウェブ面接による採用の実態とは。(ダイヤモンド編集部 塙 花梨)

「参加するはずだった説明会が、全部中止になった」
「ツイッターでウェブ面接の対策が必要だって流れてくるけど、何をしたらいいの?」

 3月1日より企業説明会が解禁し、ちょうど就職活動の時期に差し掛かった大学生は不安の色を隠せない。予定されていたインターンや面接が中止になるなど、新型コロナウイルスの影響が、新卒採用にまで広がっているのだ。

「最終面接が白紙に」困惑する就活生たち

 食品業界を志望するある女子大学生は、「参加を予定していた説明会のほとんどが中止になり、まだ何の代替案も明示されていない企業も多い。説明会もOB訪問も制限がかかっているため、会社の情報を得たり、企業の方と接したりする機会が作れない」と困惑する。

 また、電通グループの選考を受けていた学生は、「最終選考に残ったタイミングで、電通内でコロナ発症者が出てしまったため、面接のスケジュール自体が一旦白紙になってしまった」と嘆く。