橘玲の日々刻々
2017年6月15日 橘玲

-幸福の資本論2-
「幸福のインフラ」は2つ以上あると人生は安定する!
[橘玲の日々刻々]

発売即重版決定! 幸福の「資本」論(橘玲著) 好評発売中

作家・橘玲氏の話題の新刊『幸福の「資本」論』発売を記念して公開している2回連載の2回目。前回は、「幸福」を定義するために必要なインフラとして3つの資本について考察してみた。今回は、3つの資本の組み合わせで導き出される「人生のポートフォリオ」について考えていく。

 私たちはみな、金融資本、人的資本、社会資本を「市場」で運用し、そこから富=幸福を得ている。そう考えれば、人生設計とは、金融資産、人的資産、社会資産から得られた富を資本に加え、幸福のインフラをより大きく育てていくことだ。

書籍『幸福の「資本」論』(橘玲著・ダイヤモンド社) より

[参考記事]
●‐幸福の資本論1‐「幸福な人生」を実現するために必要なものとは?

(リンクつける)

 

 金融資産、人的資本、社会資本を幸福の3つのインフラとすれば、その組み合わせから8つの「人生のポートフォリオ」をつくることができる。あなたの人生は、どれにいちばんあてはまるだろうか。

 

3つの資本の有無による「人生の8つのパターン」とは?

 金融資産、人的資本、社会資本をなにひとつ持っていなければ、幸福の製造装置に投入するものがないのだから、「幸福」が出力されることもない。この状態が「貧困」だ。

「貧困」のイメージ図    書籍『幸福の「資本」論』(橘玲著・ダイヤモンド社) より

 それに対して、幸福のインフラを1つだけもっているパターンを見てみよう。

 まずは金融資産だけあって人的資本も社会資本もないタイプ。この典型は(独身)退職者で、金融資産の大半は「年金」というかたちで国家に運用をアウトソースしている。超高齢社会で「年金不安」が重大な政治課題になることがこの図からもわかるだろう。

「退職者」のイメージ図    書籍『幸福の「資本」論』(橘玲著・ダイヤモンド社) より

 人的資本だけあって金融資産と社会資本がない若者は、最近は「ソロ充」と呼ばれている(『超ソロ社会』の荒川和久氏の造語)。彼らは結婚や子どもをつくることに興味を持たず、稼いだお金は自分の趣味などに使い、異性の知り合いはいても恋人のような深い関係にはならない。

「ソロ充」のイメージ図    書籍『幸福の「資本」論』(橘玲著・ダイヤモンド社) より

 しかし若者でなくても、こういうひとはいる。

 典型的なのは「駆け出しの自営業者」で、彼らは人的資本はあっても事業が軌道に乗るまでは金融資産を蓄積できない。自営業者に社会資本(友だち)が乏しいのは、生活サイクルが一般のサラリーマンとはまったく異なるからだ。「土日が仕事で水曜定休」とか、「午後から働いて帰宅は深夜」という生活をつづけていれば学生時代の友人たちからの誘いに応じることができず、早晩、友だち関係は切れてしまうだろう。

 金融資産や人的資本がなく、社会資本(友だち)だけをもっているタイプが「プア充」(『最貧困女子』の鈴木大介氏の造語)で、その典型は地方在住の若者(マイルドヤンキー)だ。彼らの収入は貧困ライン以下で貯金もないが、高校時代の友だち関係がそのままつづいていることで生活は充実しているのだ。

「プア充」のイメージ図   書籍『幸福の「資本」論』(橘玲著・ダイヤモンド社) より

幸福のインフラを2つもっていると人生はかなり安定する

 次は、幸福のインフラを2つもっているパターン。

 金融資産がほとんどなくても、高収入を得られる職業につき、友だちや恋人のいる若者はリア充と呼ばれる。リア充は、インターネットやSNSのつながりしかもたないネット民との比較から生まれた言葉(リアルも充実している)だが、社会資本(地元のつながり)しかもたないプア充と比べても幸福のインフラは大きい。それはリア充が、仕事を通じて自己実現も獲得しているからだ。

「リア充」のイメージ図   書籍『幸福の「資本」論』(橘玲著・ダイヤモンド社) より


 人的資本と金融資産はあるけれど友だちがいない(社会資本を持たない)のは、お金持ちの典型だ。「金持ちは孤独だ」とか、「金持ちは金持ちとしかつき合わない」といわれるのは、社会的に成功すると、カネや権力を目当てにいろんなひとが集まってきて嫌な思いをすることが多くなるからだ。その一方で、人的資本(恵まれた仕事)と金融資産(じゅうぶんな財産)があれば、面倒な人間関係(親戚や友だちづきあい)を切り捨てても困らない、ということでもある。

 人間関係を嫌うひとが経済的に成功すると、このタイプになる。個人投資家やトレーダーが典型で、私の知り合いにも何人かいる。

「お金持ち」のイメージ図    書籍『幸福の「資本」論』(橘玲著・ダイヤモンド社) より

 

 金融資産と社会資本を持ちながら人的資本がない(働いていない)タイプは、イメージとしては、気前よく財産をばら撒いてみんなの人気者になっているという感じだから「旦那」としよう。

「旦那」のイメージ図   書籍『幸福の「資本」論』(橘玲著・ダイヤモンド社) より

「リア充」「お金持ち」「旦那」と並べてみると、これを「人生の成功物語」として読むこともできそうだ。若いときは「リア充」で頑張って、成功して「お金持ち」になると(仕事が忙しくなって)むかしの友だちとは疎遠になってしまうけれど、リタイアした後は資産を社会に還元する「旦那」になってみんなから慕われる、というように。

 最後は、人的資本、金融資産、社会資本のすべてを誰もがうらやむような水準で持っているタイプ。その人生は超充実しているだろうから、これを「超充」と名づけよう。だが現実には、超充の人生を送れるひとはそれほど多くない。これは、金融資産(プライサブル)と社会資本(プライスレス)の両立がきわめて難しいからだ。

「超充」のイメージ図   書籍『幸福の「資本」論』(橘玲著・ダイヤモンド社) より

 「人生の8つのパターン」をまとめるとこうなる。

書籍『幸福の「資本」論』(橘玲著・ダイヤモンド社) より

 ここから、4つの「幸福のルール」を抽出してみよう。

(1) 幸福のインフラをなにひとつもたないと「貧困」になってしまう。

(2) 幸福のインフラをひとつもっていれば、それなりに充実した人生が手に入る。ただしそのインフラを失ってしまうと、たちまち「貧困」に転落してしまう。(金融資産しかない)退職者が全財産をだまし取られたり、(人的資本しかない)ソロ充が会社をリストラされたり、(地元の友だち関係しかない)プア充が仲間はずれにされるなど、こうしたケースは珍しくない。

(3) 幸福のインフラを2つもっていると人生はかなり安定する。

(4) 幸福のインフラをすべてもつ「超充」は原理的に困難だ。

「超充」になれないのは、ほとんどの場合、金融資産と社会資本がトレードオフの関係にあるからだ。お金が増えると、友だちは減っていく。

 だとしたら私たちは、どちらかを捨てなくてはならないのだろうか。

 そんなことはない。現代の日本というゆたかな社会に生まれた私たちには、幸福の3つの資本=資産をすべて手に入れる道が与えられている。

 それはいったいどのような戦略なのか、興味をもった方は、『幸福の「資本」論』をぜひ読んでください。
 

 

発売即重版決定! 幸福の「資本」論(橘玲著) 好評発売中

 

橘 玲(たちばな あきら)

 作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ヒット。著書に『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』『橘玲の中国私論』(ダイヤモンド社)『「言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)など。ダイヤモンド社から新刊『幸福の「資本」論 -あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」』が発売中。

橘玲『世の中の仕組みと人生のデザインを毎週木曜日に配信中!(20日間無料体験中)