中南米
2018年2月19日 風間真治

中南米でも広がる仮想通貨取引。
ドミニカ共和国の事情とは?

3) 仮想通貨のマイニングをしている人はけっこう多い

 円などの法定通貨は通常、発行国の中央銀行がお札を発行していますが、仮想通貨の新規発行は、コンピュータの演算能力を使う「マイニング(採掘)」という作業によって行なわれます。
 
 ビットコインなどの仮想通貨は、本質的には「通貨」というよりデータ上での取引ごとの「取引台帳記録」です。データ上で仮想通貨の各取引をした場合には、まずその取引の記録が生まれます。そしてその記録を整理するために、個別にパソコン上のファイルに入れるように、「ブロック」と呼ばれる箱の中に時系列順に入れていきます。
 
 その上で、お互いにデータ上で、取引前後の数字の整合性を損なわないように、それらのブロックをチェーンの用に繋いでいくというイメージです(これが「ブロックチェーン」です)。
 
 このように、ブロックを作り出して繋く作業、そしてそれらを繋いだあとは、その繋いだ作業に間違いがないかをコンピュータを使用して皆で計算して、間違い探しのように確かめ合い、データの問題はありませんよ、とか、悪意によりデータを改ざんさせたりする悪い人は今回もいませんよ、ということを、関係者全員に伝えて完了させる作業があります。これらの一連の作業が「マイニング作業」です。
 
 これらの作業を終えるとようやく一つの「取引台帳記録」が完成します。そして、マイニングの計算によるブロック生成や、データの整合性の確認に参加した人たちにはコインによる報酬が与えられます。これが仮想通貨の仕組みです。
 
 以前はドミニカ共和国でも、パソコンおたくのような人たちがマイニング作業をわずかにやっているイメージでしたが、最近ではチョコチョコ身近で、普通のドミニカ人がやっているという話を聞くようになりました。また、有名な政治家の子どもがマイニングをしているということでテレビに出てたり、徐々に増えてきていることを実感しています。

4) 最近になって、分散型取引所(DEX)、スマートコントラクトの話が増えてきた

 ブロックチェーンの新規技術の話や、仮想通貨により世界がどう変わるかなどに興味を持つリバタリアン的な人たちはまだいないようです。
 
 ただ、今年になって、スマートコントラクトやブロックチェーン技術の進歩によって、不動産の移転登記がしやすくなるなど、将来を見据えた解説が行なわれたミートアップもありました。

 ちなみに、「スマートコントラクト」とは契約の自動処理のこと。「コントラクト」はデータ上でお互いの受け渡しなどの処理をプログラムしておくことを指しますが、「スマートコントラクト」は事前に、事後のアクションをプログラムしておくことをいいます。これらが実装されると、不動産登記のシステム上のもめごとが多いドミニカ共和国では有益なシステムになり得ると思います。

5) ウォレット使用のレクチャーなども行なわれている

 仮想通貨を所有するためには「ウォレット」と呼ばれるスマートフォンなどでのデータ上のお財布のようなもので管理していきますが、それら「ウォレット」の使い方の説明レクチャーなどもしていました。

6)ビットコイン以外の通貨の話題ものぼっている

 ビットコイン以外で、よく話題にのぼる印象が強いのが、DASH, VERGEやTRON という通貨で、買っているという人が散見されました。
 
 もう一つ人気が高いのがRIPPLEという通貨。私がミートアップに参加したのがRIPPLEの値段が暴落した前後でしたので、資産を大きく目減りさせたという人たちがけっこういました。ただし、意外と皆、楽観的で、長期で保有していきたいという意見が多かったのが印象的です。

 また、今年1月の仮想通貨暴落や韓国の取引規制ついては、どのビットコイナーたちも知っていました。一方で、日本のコインチェックのNEMの流出事件について知っているドミニカ人は、かなり少ない印象です。
 
 中南米の仮想通貨の取引をしている人たちの中では、取引所といえば米国のPOLONIEXやBITTREX、またBINANCEなどで、日本の取引所の情報が入ってくることはほとんどなく、起きていることは対岸の火事のようです。