アラブ
2019年7月23日 岩永尚子

[教えて! 尚子先生]
シリア内戦はその後どうなっているのですか?
~ゴラン高原からみるアメリカとイランの対立~

【中東・イスラム初級講座・第47回】

橘玲のメルマガ 世の中の仕組みと人生のデザイン 配信中

ますます激化するアメリカとイランのホルムズ海峡をめぐる対立。その背景にはなにがあり、今また中東ではなにが起きているのでしょうか。日本では珍しい女性の中東研究家として活躍する岩永尚子先生がわかりやすく説明します。

 6月16日、イスラエルのネタニヤフ首相が、ゴラン高原に建設する新たな入植地を「トランプ高原」と名づけると発表しました。

 ネタニエフ首相とトランプ大統領の「仲良し」アピールの茶番にはいささかげんなりしてしまうのですが、この報道は「トランプ劇場」を盛りあげるためだけの些細な事件と解釈するのは誤りでしょう。背景にはゴラン高原、ひいてはシリア内戦終結後をめぐる各国の攻防があり、その結果が今後の中東情勢を見極めていくためにはとても重要になってくるためです。
 
 アメリカとイランの対立が深まっている現在、その象徴となっている地域の1つがホルムズ海峡でしょう。ホルムズ海峡が石油輸送において戦略的に重要だということは、周囲を海で囲まれた日本人にとって、「海峡」という場所は思いのほか想像しやすく、比較的わかりやすいと思います。
 
 ところが、ゴラン高原については、フェンスや時には地雷、兵士によって守られた地続きの国境は日本人にはわかりづらく、その重要性はなかなか理解しがたいことでしょう。
 
 けれども、ホルムズ海峡とゴラン高原はどちらも戦略的に重要で、この2つの地域で起きているそれぞれの事件が、密接に関連しているといっても過言ではないのです。今回はゴラン高原に焦点をあててシリア内戦について概観し、現在中東で起きていることをどのように捉えればよいのか、考えてみたいと思います。

シリア・イスラエル両国の要所=ゴラン高原

 ゴラン高原とはシリア南西部、イスラエル北東部に位置する高原地帯を指します。面積は約1850平方キロメートル(香川県程度)、最も高い地点は約2800メートル、最も低い地点はティベリウス湖畔のマイナス219メートルです。
 
 この地域が重要な理由は、もちろん周辺地域全体が見渡せることです。ゴラン高原はシリアの首都、ダマスカスから約60キロにあるため、ゴラン高原からダマスカスを見おろすことができます。イスラエル側としては地中海に面した重要な港町であるハイファを見ることが可能です。
 
 また、イスラエルの首都テルアビブからも車で約3時間という距離にあり、両国にとってまさに要所といえるのです。

 さらに、ゴラン高原は貴重な水源地帯でもあります。イスラエル国内に必要な水の約3分の1がゴラン高原地域によって賄われているといわれています。水資源が豊富なため農業にも適しており、とくに果樹栽培が盛んです。

 イスラエル側ではワイン栽培が行なわれ、世界的に有名なワイナリーもあるようです。イスラエルの観光地として、聖地エルサレムと同様に、ワイナリーの日帰りツアーも人気を集めています。また、近年では水資源だけでなく、石油の埋蔵も確認され、すでにイスラエルとアメリカの合弁会社が3本の油田の掘削にあたっています。

第三次中東戦争を経て、イスラエルが正式併合

 ゴラン高原はシリアが独立した際に、シリア領の一部、クネイトラ県に組み込まれていました。ところが、1967年の第三次中東戦争でイスラエル軍がこの地域に侵攻、占領してしまいます。

 国連はイスラエルに対し、占領地からの撤退とアラブ側との共存を求めた安保理決議242号を、アメリカを含む全会一致で採択しました。けれども、この決議が履行されることはありませんでした。1973年の第四次中東戦争の際には、シリア軍がこの地域の奪還を試みましたが、失敗に終わりました。

 翌年、両国は停戦に合意し、全長70キロの非武装地帯を設けることとなりました。国連は安保理決議第350号にもとづき、非武装中立地帯に国連兵力引き離し監視隊(UNDOF)を展開させました。
 
 日本の自衛隊も国連平和維持活動(PKO)として、1996年からUNDOFに参加しました。2013年に内戦激化のために撤退したものの、日本の自衛隊のPKOとしては最も長く、そして多くの人員(延べ1500名といわれる)を派遣していました。

 イスラエルはこの地域の戦略的重要性から、1981年に正式にゴラン高原を併合しました。イスラエルが占領している地域のなかで併合が宣言されているのは、東エルサレムとゴラン高原だけという事実からも、この地がいかに重視されているのかがわかります。国連はこの併合が無効であるとした安保理決議第497号を採択して、この併合を非難しました。

Khadar村の少女:クネイトラ; シリア【撮影/安田匡範、2000年】