橘玲の日々刻々
2020年4月23日 橘玲

「個人差あるところ、遺伝あり」
行動遺伝学というラディカルな学問によって
従来の心理学は危機を迎えている
【橘玲の日々刻々】

 行動遺伝学は一卵性双生児や二卵性双生児など「ふたご」を調べることで、こころが遺伝や環境によってどのように影響されるのかを明らかにする学問だ。なぜふたごかというと、一卵性双生児はすべてのDNAを共有し、二卵性双生児は同じ胎内環境で育ちながらも、ふつうのきょうだいと同様に平均して半分のDNAを共有するため、両者を比較することで遺伝と環境を分離できるからだ。

 最初にこのことに気づいたのはダーウィンのいとこで「統計学の祖」でもあるフランシス・ゴールトンだったが、そのゴールトンが優生学を唱えたことで、行動遺伝学はそれ以来、アカデミズムのなかでずっと偏見にさらされつづけることになる。

 ゴールトンの生きた19世紀は遺伝と進化の仕組みが徐々に理解され、「神がヒトをつくったわけではない」という“驚くべき事実”が知識層のあいだで広まっていった。それとともに、植物や家畜の交配によって「(人間にとって)よりよい種」をつくるさまざまな試みが大きな成果をあげた。そんな時代背景を考えれば、啓蒙時代の大知識人だったゴールトンが「交配によってすぐれた人類をつくる」という「リベラル」な理想を掲げたのは自然だった。

 だがこの試みは、その後、ナチスによってグロテスクに実践され、第二次世界大戦後、人間に対する遺伝の研究は冬の時代を迎えることになった。そんな逆境のなかでも1960年代になると、双生児を対象とした遺伝の研究が復活する。アメリカのアカデミズムで勃発した「社会生物学論争」というイデオロギー闘争を経て、ヒトゲノム計画が始まった90年代以降は大量の研究論文が発表され、行動遺伝学はいまや分子生物学や進化論、脳科学などと融合して「科学(人間理解)のパラダイム転換」を牽引している。

 私はこれまで『言ってはいけない』(新潮新書)などで行動遺伝学の知見を紹介してきたが、その理由は、この「科学」が従来の心理学を根底から書き換えることを迫っているからだ。たとえば、母と子どもの幼児期の関係が将来に決定的な影響を与えるという「愛着理論」は、近年の心理学のなかでもっとも有名になった学説だが、行動遺伝学の知見に照らすとその科学的基盤はきわめて疑わしい。

[参考記事]
●「愛情あふれる子育てによって子どもは幸福に育つ」という愛着理論は間違い。子育てに関してラットの研究を擬人化するのは問題があった

 そこで今回は、日本における行動遺伝学の第一人者である安藤寿康氏の『「心は遺伝する」とどうして言えるのか ふたご研究のロジックとその先へ』(創元社)から、このラディカルな学問がどのように心理学の常識を覆しつつあるのかを見てみたい。

「個人差あるところ、遺伝あり」は、もはや人間の行動について考えるときのデフォルトの前提

 行動遺伝学を語るときに欠かせないのは、2000年にエリック・タークハイマーが発表した「3原則」だ。

第1原則 ヒトの行動特性はすべて遺伝的である
第2原則 同じ家族で育てられた影響は遺伝子の影響より小さい
第3原則 複雑なヒトの行動特性のばらつきのかなりの部分が遺伝子や家族では説明できない

 行動遺伝学がしばしば「遺伝決定論」だと誤解されるのは、第1原則しか見ていないからだ。とはいえ、身長や体重、外見などと同様に知能や性格が(ある程度)遺伝するのはふつうのひとにとっては常識で、なにも驚くようなことではないだろう。遺伝の影響を全否定して(あるいは、存在することを知っているのにあえて見ないことにして)「環境決定論」を唱えてきたこれまでのアカデミズムが異常なのだ。

 行動遺伝学が世間の常識を裏切り不愉快にさせるのはじつは第2原則で、ここでは「子育ては遺伝の影響よりずっと小さい」と述べられている。もちろんすべてが遺伝だけで説明できるわけではなく、それが第3原則で、こころの形成には遺伝でも家庭環境でも説明できない要因があることを示している。

 行動遺伝学はこころを「遺伝+共有環境+非共有環境」で説明する。共有環境は「家族が共有し、家族のメンバーに類似性をもたらす」環境のことで、一般的には子育てだとされる。非共有環境は「家族で共有せず一人ひとりを独自にさせる」環境で、遺伝とともに個性(一人ひとりのちがい)を生み出す。

「非共有環境とはなにか」はずっと議論の種になっており、一種のブラックボックスと扱われてきた。近年、遺伝学で大きな話題になっているエピジェネティクスがこの非共有環境(の一部)を説明することはすでに述べた。

[参考記事]
●「胎内で飢饉を経験したひとは肥満になりやすい」後天的な遺伝情報(エピジェネティクス)の発見によって細胞が遺伝子をコントロールしていることが分かった

 安藤氏は、「「個人差あるところ、遺伝あり」は、もはや人間の行動について考えるときのデフォルトの前提」だと述べる。これは、「まだ科学的データがない場合でも、とりあえずの出発点として考えておいてよい前提」という意味だ。

 私たちは「氏が半分、育ちが半分」などといいながら、無意識のうちに遺伝の影響を過少評価している。だが遺伝は、私たちの人生のほぼすべての領域に及んでいる。

「そんなことはない。たとえば方言はどうなんだ?」との反論があるかもしれない。もちろん、大阪弁をしゃべるのは生まれ育った環境によるものだろう。しかしこのひとが東京で生活することになったとき、標準語を話すようになるか、そのまま大阪弁を使うかには遺伝的要因がかかわっているとして、安藤氏は次のようにいう。

「もし遺伝的要因がまったく反映されない行動特性、つまり環境のちがいだけで個人差の説明がつくような行動特性が見つけだされたとしたら、むしろそのほうが例外であり大発見である」

 行動遺伝学のもっとも重要な知見は「あらゆる行動には有意で大きな遺伝的影響がある」で、このことを私たちはつねに頭に入れておかなくてはならない。