橘玲の世界投資見聞録
2012年8月23日 橘玲

[橘玲の世界投資見聞録]
ロンドン五輪の陰でオフショアのメッカ・マン島の想像以上の寂れ方に思う

寂しさだけが漂う
メインストリート

 その日の夜は、ユーロ2012のスペイン×アイルランドの一戦だった。横殴りの雨が降りはじめたが、アイリッシュの熱狂的なサッカーファンが集まるのではないかと思って街に出てみた。

 ようやく見つけたスポーツバーには、地元の老人たちが集まっていた。試合はスペインが圧倒的にボールを支配していて、後半開始直後に2点目が入ると、パブの客はテレビから目をそむけるようにひたすらビールをあおり始めた。

 スペインのエース、フェルナンド・トーレスの3点目が入ると、一人の老人が私のテーブルにやって来て、「無様な試合をお見せして申し訳ない」と謝った。老人は足をふらつかせながらドアを開けると、傘もささず嵐のなかに消えていった。けっきょく試合は4対0で終わるのだが、その頃には全員が黙ったままひたすらビールを飲むばかりで、いたたまれなくなって早々に店を出た。

アイルランド×スペイン戦をパブで観戦する地元の老人たち。スペインの得点シーンを呆然と眺める (Photo:©Alt Invest Com)

 まだ夜の10時前だというに、通りに人影はなかった。明かりの消えたメインストリートに、遊園地のような電飾だけがむなしく揺れていた。
 

(執筆・作家 橘玲)

<Profile>
橘 玲(たちばな あきら)
作家。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。「新世紀の資本論」と評された『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ベストセラーに。著書に『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編』『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券編』(以上ダイヤモンド社)などがある。最新刊『(日本人)かっこにっぽんじん』(幻冬舎)が発売中。ダイヤモンド社ZAiオンラインとの共同サイト「海外投資の歩き方」にて自身の海外投資の考え方や実践方法などを連載中。