インドネシア
2020年5月29日 長野綾子

【緊急レポート】新型コロナウイルス感染拡大で
自粛下のインドネシア・ジャカルタの生活とは?

日本語教師としてインドネシアと出会い、2005年からグローバル人材紹介会社で日系企業・ 日本人求職者のサポートを担当するジャカルタ在住15年の長野綾子さんが、新型コロナウイルス影響下でのジャカルタでの生活、学校や企業、人々の様子をレポートします。

 今日は2020年5月29日。インドネシアでの新型コロナウイルス発生後の状況について、マクロな情報ではなく、ここで生活している日本人として感じていることなどを少しシェアさせていただければと思います。

日系企業と日本人・人材の採用は?

 インドネシアは新型コロナ感染者が2万3000人、死者1400人を超えました。インドネシアは東南アジアでも発症者確認は比較的遅かったのですが、そこから短期間で感染者数は急増しています。

 ジャカルタ中心部のオフィスは営業停止、ジャカルタ郊外の工業団地エリアについても製造を停止している企業があります。在インドネシア・日系企業の8割ほどが、責任者を残し日本人社員は帰国をさせている状況のようです。
 
 日本人学校の入学時期・新学期の時期が延期になることが決定したことから、帯同家族も続々と帰国しているようです。
 
 私も3月半ばから現在までジャカルタの自宅にて在宅勤務をしています。残念ながら、人材の採用を保留・キャンセルしなくてはならない会社が出てきていることは確かですが、引き続き人材を必要としている企業はあり、ペースは落ちてもマーケットは動いているといえます。

もともと充実していたネットショッピングとデリバリー

 ジャカルタ特別州は緊急事態宣言後、比較的早いペースでオフィス・学校は休みになり、その後も外出自粛(禁止に近い)、モスク金曜礼拝禁止、集会禁止、バイクタクシー禁止、車も乗車3人まで、などの対策を取っています。
 
 観光施設、博物館・美術館、映画館、遊園地、モールなどもすでに1カ月ほど休業、スーパーマーケットやホームセンター、レストラン・カフェ(デリバリーのみ)などは一部営業を続けています。
 
 もともとジャカルタはインターネットショッピング、食材やレストランからのデリバリーが充実しているので、自宅待機となってもさほどパニックはおきなかったと思います(一部買い占めなどはありました)。

 私自身もワーキングマザーということもあり、普段からネットショッピングやスーパーからの食材のデリバリーを使っていて、ほとんど買い物に出かけない生活だったので、自宅待機となってもさほど生活に支障は感じていません。
 
 ただ、住んでいるマンションのプールやジョギングコース、ジムはすべてクローズしてしまい、マンションの外を用事もなく出歩いていると見回りしている警察に注意を受けるため、運動不足になってきています。
 
 緊急事態宣言(ジャカルタ特別州)については6月4日までとなっていますが、その後延長となるかどうかはまだ決定していません。

2カ月経済活動がストップしたジャカルタは大気汚染がなくなり、びっくりするぐらいの晴天です【202年5月27日:撮影/長野綾子】