ベトナム
2020年6月3日 中安昭人

【緊急レポート】新型コロナ対策優等生といわれるベトナム。
在住日本人から見たベトナム政府の対応はどうだったか?

ベトナム在住18年の中安昭人さんが体験した、ベトナムでの緊急事態宣言下の生活。そこで改めて感じたベトナム人気質や政府との距離の取り方、日本人との違いなど、生活者の視点で見た「ベトナムにおける新型コロナ現象」をレポートします。

コロナウイルスによる死者ゼロを継続中のベトナム

 ベトナムの新型コロナウイルス対策への評価が非常に高い。

 アメリカの政治誌『ポリティコ』が行なった「新型コロナウイルス対策を最も効果的に行なっている国ランキング」によると、ベトナムは調査対象の30カ国・地域中でいちばん高い評価を受けている。
https://e.vnexpress.net/news/news/vietnam-best-covid-19-fighter-in-the-world-politico-4104752.html

 またイギリスの調査会社ユーガブ(YouGov)社が、世界26カ国を対象に行なっている新型コロナウイルスに関する意識調査によると、ベトナム国民の政府に対する信頼度も高い。政府の対策に肯定的な評価をする国民の割合は3月末以来90%を超えており、今に至るまで対象国中第1位を継続している。5月26日時点では97%だ。
https://today.yougov.com/topics/international/articles-reports/2020/03/17/perception-government-handling-covid-19

 これを書いている5月31日時点で、感染者数が328人と世界で148位にとどまっているのに加え、何より死者を1人も出していないのが驚きである。300人以上の感染者を出している150の国の中で、死者ゼロなのはウガンダ(感染者数413人)とベトナムの2カ国だけだ。ちなみに日本は感染者数が1万6804人(42位)、死亡者数は886人(31位)である。

 そんなベトナムに住んでいる日本人の1人として、生活者の視点で見た「ベトナムにおける新型コロナ現象」をレポートしたい。

 最初にこの約4カ月間のベトナムの動きを簡単におさらいしておこう。

第1期(発生期):1月23日〜2月13日:最初の感染者を確認してから16人目の感染者が出るまで。

第2期(沈静期):2月13日〜3月 6日:新規感染者が出ず「コロナウイルスの抑え込みに成功した」と思われていた。

第3期(急増期):3月 6日〜3月31日:感染者が再確認され、感染者が急増した。危機感がいちばん高まった時期。

第4期(隔離期):4月 1日〜4月22日:外出禁止要請、公共交通機関の運行停止、商業施設の営業停止など「社会隔離」が行われた。

第5期(再生期):4月23日〜     :経済活動が徐々に再開。

ウェブサイトとアプリを活用した素早い情報開示

 私はベトナム政府に対して、決して良い印象を持っていない。しかし今回の一連のコロナ対策を見ていて、その評価が一転したとはいかないまでも、かなり見直したといっていい。

 まず目を引いたのはウェブサイトとアプリを活用した情報開示である。感染者数がまだ10人程度だった2月8日、ベトナム保健省は新型コロナウイルスの情報をまとめた公式アプリ「Suc khoe Viet Nam(ベトナムの健康)」をリリースした。

 ベトナムの通信大手の1つであるビッテル(Viettel)が保健省からの依頼を受け、6日間で完成させたという。これと合わせて、コロナウイルス情報の特設ウェブサイトも開設している。

 ウェブサイトを見て驚いたのは、感染者第1号(BN1)以降、すべての感染者がリスト化されていることだ。感染者の年齢、性別、住所、病状(完治したか治療中か)、国籍が記載されている。これを見れば「BN1はホーチミン市に住む66歳の中国人男性で、既に完治している」「BN325はハイズン省に住む34歳のベトナム人女性で現在治療中」などが一目瞭然だ。

 同サイトの中には感染場所を示す地図も掲載されている。地図上に赤い●が付けられており、そこにカーソルを合わせると、より詳しい情報が得られる仕組みだ。添付した画像はその一例。これを見ると、BN91を含む16名がホーチミン市2区にあるブッダバーで感染したことが分かる。

 感染した日時は3月14日の22時から15日の午前2時の間。この時に同じ店にいた人がこれを見たら「自分も感染しているかもしれない」と何らかのアクションを起こすだろう。

 情報がないと人々は不安になるものだ。「今、電車で私の隣に座っている人は、本人は気がついていないだけで、実は新型コロナウイルス感染者かもしれない」と心配しながら日常生活を送っていたのでは、心休まることがないだろう。ベトナム政府が、感染した経路、場所、日時を調査して、それを公開したことは、パニックを抑える効果があったのではないだろうか。

ベトナム保健省が作ったアプリ画面
ベトナム保健省によるコロナ特設サイトの中にある感染者リスト
ベトナム保健省によるコロナ特設サイトの中にある感染場所の地図