海外の金融機関の特徴を理解する
2012年9月6日 

送金規制を避けるには、オフショアの金融機関で米国株を取引すればよいのではないですか?

 香港・シンガポールの証券会社をはじめとして、米国市場(NYSE、Nasdaq)の株式を取り扱っているオフショアの金融機関はたくさんあります。アメリカ国外の金融機関を利用すれば、上記のような送金にともなうトラブルを避けることができます。

 ただし、アメリカのオンライン証券会社には以下のようなメリットがあります。

1. マージン口座を開設すれば信用取引やカラ売りが可能
2. 個別株オプション取引が可能
3. 売買手数料が安い
4. 配当の受取りに手数料が不要
5. 最先端のトレーディングシステムを利用できる
6. 米国債がオンラインで購入できる
7. ミューチュアルファンドに投資できる(証券会社、ファンド会社によって売買できない場合もある)

 海外の金融機関を利用するよりも現地の証券会社に口座を開いたほうが投資の選択肢やコスト面で有利なのは、アメリカだけでなくどこでも同じです。

<最終更新:2012/08/01>