橘玲の日々刻々
2021年4月16日 橘玲

「測定され、報酬が与えられるものはすべて改竄される」
測定への過剰な執着が生む「測りすぎ」の時代の弊害とは?
【橘玲の日々刻々】

 近代ヨーロッパの知性史、資本主義の歴史を専門とする歴史学者ジェリー・Z・ミュラーが『測りすぎ なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?』(みすず書房)を書いたのは、私立大学で学科長を務めた経験からだった。

 アメリカの大学は10年ごとに「米国中部高等教育委員会」のような認定組織によって評価を受けなければならないが、その測定基準を増やすようにという報告書が発表された。それによってミュラーは、「もっと多くの統計的情報を求めるアンケート」に応えるため、研究や教育、職員の指導といった仕事に使える時間を取られてしまった。そればかりか、卒業生の実績を評価する新しい尺度のために、それまで以上に多くのデータ専門家を雇わなければならなくなった(その後、評価専門の統括責任者を任命するまでになった)。

イラスト : tiquitaca / PIXTA(ピクスタ)

 これだけの努力とコストをかけたにもかかわらず、大量のデータの大部分はこれといった使い道もなく、実際、誰も見ていなかった。「実績の文書化という文化がいったん定着してしまうと、学科長たちは一種のデータ競争のようなものに巻き込まれていった」のだ。

 この体験をきっかけに、ミュラーは「時間と労力の無駄遣い」を生み出す力についてもっと深く調べてみようと思った。本書の原題は“The Tyranny of Metrics(測定の専制)”で、「今の時代に広まっている、そしてますます多く組織に浸透しつつある実績の測定とそれに対する報酬という文化」がテーマだ。

わたしたちは「測りすぎ」の時代に生きている

 ミュラーは「測りすぎ」の時代を象徴するものとして、HBOの連続ドラマ『ザ・ワイヤー』を取り上げる。ボルティモア(メリーランド州)を舞台に、警察、学校、市政府、報道機関などの仕組みや機能不全を描いて大きな反響があったという。

 ドラマでは、警察署長は解決件数、麻薬関連逮捕件数、犯罪率などの数値目標を達成するために、効率を犠牲にするさまざまな手段を用いる。政治家は、警察が犯罪を抑制できていることを証明する数字を要求する。すると警察は、自分たちの管轄内で殺人事件が起こるのを極力避けるようになる。こうして、「麻薬密売ギャングが廃屋に死体を捨てていることが判明すると、殺人課の刑事たちは死体の発見を阻止しようとする。殺人解決率の指標である「検挙率」が下がるからだ」という本末転倒な事態になる。

 同様の混乱は学校でも起きている。貧困と薬物乱用、家庭崩壊に苦しむ地域の中学校では、生徒の成績が悪く、テストの点数が上がらなければ学校が閉鎖されるおそれがある。そこで英語の読解と作文の共通テストが行なわれるまでの6週間、教師たちは授業のすべての時間をテストの補習に充て、ほかの科目は完全に無視するよう指示される(この戦略は婉曲に「カリキュラム調整」と呼ばれる)。組織の存続がかかっているため、数値目標の達成以外はどうでもよくなってしまうのだ。

 同じような実態は、イギリスの医療ドラマシリーズ『ボディーズ』でも描かれている。着任したばかりの外科医が複雑な併存疾患を抱えた患者を手術して死なせてしまうと、ライバルの外科医から、「上級外科医というものは、自分の上級能力を脅かしそうなどのような状況も、上級の判断力を使って避けるものだ」とアドバイスされる。

 実績にマイナスの影響を及ぼしそうなリスクを避けるのは「上澄みすくい(クリーミング)」という古典的戦略で、医療現場では、成功率を維持するために難しい症例を避けることが常態化している。

 これはたんなるフィクションではなく、イギリスでは保健省が、救急医療への苦情に対処するため、待ち時間が4時間を超えた病院に罰則を科すことにしたところ、患者を救急車に乗せたままにして、4時間以内に確実に診察できると病院職員が判断するまで待たせる病院が現われたという。

 このようなことが起きるのは、わたしたちが「測定された説明責任の時代」「測定された実績に対する報酬の時代」に生きているからだとミュラーはいう。「説明責任は本来、自分の行為に責任を負うという意味のはずだが、一種の言語的トリックによって、説明責任は標準化された測定を通じて成功を見せつけることに変わっていった」のだ。

 もちろんミュラーは、アカデミズムに身を置く者として、科学や統計を否定するわけではない。「個人的経験や専門知識に基づく判断よりも標準化された測定に基づく意思決定のほうがすぐれている状況は数多くある」ことも認めている。

 だが、「判断=主観的で利己的」、「測定=確実で客観的」とする一種の善悪二元論にとらわれ、経験に基づく判断をすべて標準化された測定で置き換えようとすると、さまざまな問題が噴出する。これが測定への過剰な執着、すなわち「測りすぎ」だ。

「私たちは測定の時代に生きる宿命にあるが、同時に測定ミス、過剰測定、誤解を招く測定、非生産的な測定の時代にも生きている」のだ。