フィリピン
2014年9月23日 志賀和民

老後はフィリピンで介護生活を送れるのか
フィリピン介護ビジネスの現状

フィリピンは介護天国

 それでは、日本人にとってフィリピンで介護という構図は成り立たないのだろうか。私は逆にフィリピンは介護天国だと思う。なぜなら、介護施設がないということがそれを物語っているからだ。

 介護施設がいらないということは、家庭内で子育て、教育、仕事、そして老後の生活がうまく循環しているのだ。その循環を我々外国人がエンジョイするためにはどうしたらよいのだろうか。

1)定年を迎え、日本で老後を一緒に過ごす家族がいない、経済的にも不安がある、そんな方は元気なうちにフィリピンで暮らしてみよう。その場合、英語は必須なのでまずは英会話学校などに通ってひと踏ん張りしよう。

2)積極的にフィリピン人と交わり、フィリピンの家族というものをつくろう。友人、メイド、介護士あるいは彼女(彼氏)や妻(夫)など、いずれはあなたの面倒を見てくれる人たちだが、家族というからには自分の財産のすべてを注ぎ込むくらいの覚悟が必要だ。それと日本の文化や慣習にこだわらず、フィリピン流のものの考えかたを身につけることが必須だ。

3)孤独に暮らしてフィリピン人との交わりを絶つような生活を続けていたのでは、自立できなくなったら日本に帰って介護施設で面倒を見てもらうしかない。なにしろフィリピンには介護施設という文化はないのだから。でもそのとき、日本が外国帰りの厄介者を受け入れてくれるか、あるいは受け入れの余地があるかどうかは保証の限りではない。

4)家族と呼べる関係を構築できなくても、メイドや介護士を雇って自前の介護施設をつくればよい。お金の管理が難しいが、誰か信頼できる後見人を指定することだ。介護施設そのものよりもそんなサービスが退職ビジネスとして期待されるところだ。

彼らの信頼と愛を獲得するためにはもちろん経済的な支援は必要だが、それ以上にフィリピン流の接し方をマスターすることが重要だ。「日本ならばこうなのに、なぜ彼らは」というような愚痴は禁物だ。ここはフィリピンなのだ。フィリピンを丸ごと受け入れるのが肝心だ(中央が筆者)【撮影/志賀和民】