橘玲の世界投資見聞録
2014年12月25日 橘玲

風俗嬢にもなれない
「最貧困女子」問題の解決法とは?
[橘玲の世界投資見聞録]

 なぜ彼女たちは「最貧困」の世界に落ちてしまうのか。鈴木大介氏は多くの最貧困女子を取材したなかで、そこには「3つの障害」があるという――精神障害、発達障害、知的障害だ。これは現代社会の最大のタブーのひとつで、それを真正面から指摘したことが『最貧困女子』が高く評価されるべきいちばんの理由だろう。

 最貧困女子は社会資本を失っているが、その理由は(不幸な生い立ちなどがあるとしても)「3つの障害」によってつき合うのが面倒くさいからだ。これが地元の友だちネットワークから彼女たちが排除される原因になっている。

 同様に福祉事務所のひとたちも、社会人・家庭人・公務員として、「3つの障害」を持つ相談者に公的サービスを提供することは面倒くさい。その結果、家出少女を保護しても家庭に連絡するか地元の施設に引き渡すという画一的な対応をとることになり、当の家出少女が公的サービスを忌避することにつながっている。

 だったらどうすればいいのか。

 これは社会全体で受け止めなければならない重い問いだ。たんに「日本の福祉はけしからん」といっていれば済む話ではない。

『最貧困女子』問題を解決するために

 原則論からいえば、リベラルな社会の基礎にあるのが「機会の平等」であることに誰も異論はないだろう。「結果の平等」については議論があるとしても、リベラリストであれば、すべての市民が対等な条件で社会に参加することの重要性には同意するはずだ。だが現実には、「3つの障害」によって社会(家族や友だちのネットワーク)から排除されてしまったひとたちがいる。

 この問題をすぐに解決できる特効薬はないとしても、『最貧困女子』を読んで2つほど思いついたことがあるので最後にそれを記しておきたい。

 ひとつは、最貧困女子が乗り越えなければならない最大のハードルが住居であること。日本では家を借りる際に保証人を要求されるが、社会資本を失った彼女たちにはこの要件をクリアすることができない。子どもを抱えたシングルマザーの場合、住み込みの仕事が最適だろうが、そのような募集はたとえあったとしてもきわめて競争率が高く応募してもすべて落とされるのだという。

 なぜこのようなことが起きるかというと、雇用者にとって住み込みは住居費などの追加負担がかかるため労働コストがきわめて高いからだ。こうした状況を改善するには住み込みの仕事に補助金を出すことも考えられるが、経済学的に正しい処方箋は最低賃金を撤廃するか、住居費などの福利厚生を最低賃金に組み入れることを認めることだろう。

 限界状況に置かれたシングルマザーにとっては、自分と子どもが安心して暮らすことのできる住宅がもっとも重要なはずだ。住居費などを最低賃金から差し引くことは研修制度など一部で認められているだけだが、人口減で日本じゅうに空き家が余っているのだから、会社がそれを一括で借り上げて従業員を住まわせることが経済合理的になるような制度にすれば、最貧困女子のホームレス化はかなり防げるのではないだろうか。

 もうひとつは、公務員に過大な期待をしないこと。誰だって面倒なことには巻き込まれたくないし、彼らはそのための特別な訓練を受けているわけでもない。

 だが世の中には、面倒なひとたちとかかわってなんらかの援助をしたいと考える奇特なひともいる(ここで紹介した著者たちもそのなかに入るだろう)。だとしたら福祉を公務員に任せるのではなく、民営化によってより多くの奇特なひとたちが市場に参入できるようにすればいい。

 私は10年ほど前にニューヨーク市の福祉制度を見学したことがあるが、そこではホームレスへのサービスがNPO団体などにアウトソースされていた。福祉はボランティアではなくビジネスで、参入希望者は企画書を市に提出し、それが認められて予算が下りると廃ビルなどを改築してホームレスシェルターなどを開業する。その成果は毎年点検され、利用者の満足度が低い施設は予算を削られたり、廃業を迫られたりする。

 福祉を民営化すれば、奇特なひとがビジネスとして、社会から排除された面倒なひとにさまざまなサービスを提供できる。日本では生活保護制度を悪用した貧困ビジネスが問題になったが、ニューヨーク市のように競争原理を導入すれば悪質な業者は淘汰されていく(インターネットを活用して業者の評判を可視化してもいいだろう)。

 鈴木氏や中村氏が指摘するように、現状のままではすべての資本を失った「最貧困女子」は救われようがない。タブーを廃した率直な議論がいま望まれているのだ。

 

橘 玲(たちばな あきら)

 作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ベストセラーに。著書に『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』(ダイヤモンド社)など。中国人の考え方、反日、歴史問題、不動産バブルなど「中国という大問題」に切り込んだ最新刊『橘玲の中国私論』が絶賛発売中。●橘玲『世の中の仕組みと人生のデザインを毎週木曜日に配信中!(20日間無料体験中)