橘玲の世界投資見聞録
2015年4月9日 橘玲

「神に見捨てられた街」南アフリカ・ケープタウン、
ダウンタウンのクリスマスイブ
[橘玲の世界投資見聞録]

 人気俳優オーランド・ブルームが、酒に溺れて妻子に捨られて、女にだらしのないやさぐれ刑事を演じる映画『ケープタウン』は、「そこは、神に見捨てられた街――」だという。

 映画の原作(原題も)は『ZULU』で、フランス推理小説大賞など7つの賞を獲得したベストセラーだ。ZULU(ズールー)はアフリカの民族のひとつで、南アフリカからジンバブエにかけて約1000万人が暮らしている。黒人刑事の出自がズールーで、アパルトヘイトの時代の虐待で性的な障害を負っていることが物語の重要な背景になっているのだが、たしかに日本人にはわかりづらい。そこで配給会社は『ケープタウン』に邦題を変え、白人と黒人の刑事ドラマとして売り出したのだろう(物語の骨格は、メル・ギブソンとダニー・グローヴァーが相棒を演じた『リーサル・ウェポン』と同じだ)。

 

映画『ケープタウン』

「神に見捨てられた街」

 ケープタウンは南アフリカの立法府所在地で人口は約300万人。テーブルマウンテンや喜望峰などがある観光地で、地中海性気候に近く、南米のチリやペルーと並んで新世界ワインの産地としても知られている。

 ケープタウンの街は、鉄道駅周辺の中心部(ダウンタウン)と、海に面したベイエリアに大きく分かれている。私は昨年のクリスマスシーズンに訪れたが、せっかくなので両方に泊まってみた。

 前置きはこのくらいにして、ここから「神に見捨てられた街」を写真で紹介したい。この現実をどう感じるかは、それぞれの判断に任せることにする。

 ケープタウンの創設はオランダなどからの入植が始まった17世紀半ばで、1815年にイギリスの植民地になると貿易・商工業の中心地として繁栄した。ダウンタウンには当時の面影を伝える建物が残っている。

ケープタウンのダウンタウン          (Photo:©Alt Invest Com)
スタンダードバンク。かつてのイギリスの植民地銀行  (Photo:©Alt Invest Com)

 ケープタウン駅から大通りを南に下るとカンパニー・ガーデンズという公園があり、そこに国会議事堂や博物館・美術館などが集まっている。公園のなかは下のような美しい並木道になっていて、間近でリスの姿を見ることもできる。

国会議事堂前の美しい並木道          (Photo:©Alt Invest Com)
リスがたくさん生息している             (Photo:©Alt Invest Com)