タイ
2015年4月13日 沼舘幹夫

在住者たちの生の声がいっぱい!
バンコク生活きほんのき【第1回】

座談会-バンコク駐在員の妻たちが語るリアルな家族生活とは?

そもそもメイドは必要?

Y:私はアヤさんを雇っていないの。日本だろうが海外だろうが、子育ては自分でしっかりやりたいから。家事も何とかなるし。

J:えっ、ホント? 私も3カ月ぐらい自分で部屋の掃除をやっていたんだけど、日本の家の数倍の広さでしょ! 汗だくになるし、日本の倍の時間がかかるしで、すぐに無理と判断。

T:アヤさんをお願いすると、自分の時間ができるでしょ。そうするとリフレッシュできて、自分の精神衛生上にもいい気がする。

M:日本に帰ったら、メイド付き生活なんて無縁だし、ここは上手に利用して、バンコクの駐在生活を楽しんでは? 

―ちょっと気になる人間関係は?―

選べる遊べる。そして当たり前のことを

J:よく駐妻の人間関係は難しいんじゃないかって勘ぐられるよね。

K:実際、難しいんじゃない? 限られた日本人たちで形成されているから。

Y:うーん。でも、日本に住んでいても人間関係はあるんじゃない? バンコクには、当然駐妻だけじゃなく、ロングステイヤーや現地の人などがいて、いろんな人たちと、趣味の世界で出会うこともできる。私はフラダンスをしていて、そこでもコミュニティができました。

M:お付き合いには、距離感が大事よね。

J:まずは両隣りなどに挨拶をする。まぁ当然よね。すると、そこに世話好きな人がいてくれて、デリバリーのメニューをもってきてくれたりするんです。

T:必ず合う人っているよね。

Y:ライフスタイルが選べる街。臆せずいろんなことにチャレンジできる街。バンコクは住みやすい都市ですよ。東南アジアをまわってきた私が言うんだから間違いなし!(笑)

駐妻仲間、趣味のつながり、ご近所付き合い、現地人との交流などいろんな出会いがある【撮影/『DACO』 編集部】


(文・撮影/『DACO』 編集部)

『DACO』とは?:バンコクで月2回発行される無料の情報誌。発行人の沼舘幹夫編集長は25年近く前に日本の通信社からニュースを仕入れ、在タイ日本人に伝えるために駐在員として来タイした。