タイ
2016年3月8日 沼舘幹夫

これがタイ人日本旅行の実態だ!【後編】

タイ人が見た日本が浮かび上がる「訪日動向アンケート」から

日本での体験は?

Q21. 日本で困ったこと

 言葉が通じない……117
 交通機関の使い方がわかならい……57
 駅やバス停の時刻表や地図に英語がない……18
 交通機関が複雑すぎて分からない……11
 だまされた……8
 品物のラベルや飲食店のメニューが日本語だけ……7
 盗難にあった……5

■「困った」の声を拾い上げられるか?
「タイ人が日本で困ったこと、きちんと考えてあげないといけないですね。飲食店のメニューは小さな店など、なかなか全部を英文にできないですもんね。だまされたとか、盗難にあった人もいるんですね。223人の中で13人がひどい目に合っている。多いですね(※)」(吉川さん)。

※日本人が騙すこともあるでしょうが、日本人のふりをして英語で近づいて来た外国人や、日本のゲストハウス内でほかの旅行者に盗まれた、というものの含まれているのではないでしょうか(編集部註)。

Q22. そのほか日本で困ったこと。強烈な思い出を暴露してください。

 ・食事や宿泊施設、交通費など、物価が高い
 ・ ホテルのチェックイン時間が遅い・チェックアウトの時間が早い/お店の開店時間が遅い・閉店時間が早い
 ・ Airbnb(エアビーアンドビー)で宿を確保したが、ごみの仕分けが複雑すぎて分からなかった
 ・ 大きな荷物を持って移動中、小さな駅ではエレベーターやエスカレーターがなかった
 ・ 天気・気候で困った(夏はタイより暑い、台風に遭遇して外出できなかった)
 ・ 中国人/タイ人のツアー観光客のマナーがひどい
 ・ 飲食店でのタバコの煙
 ・ 電車が故障で止まったのだが、アナウンスが日本語だけなので、状況が分からず不安だった
 ・ フリーWi-Fi(公共Wi-Fi)がなかなか見つけられない
 ・ 薬局で薬を買おうとしたが、病歴などを聞かれて大変だった

■いろんな場面に遭遇するタイ人たち
「夏はタイより暑い!」その通りです(笑)。これは、って思ったのは、「電車が故障で止まった~」。確かにきついですよね。不安になります。「薬局で薬を~」、これも、すごい分かります。答えられないですよね。英語がよほど堪能でないと。タイの人たも、いろんな場面に遭遇しているんだな、って。この回答、興味深かったです。

■訪日個人旅行はどこに向かうのか?(吉川歩)
 海外個人旅行(FIT)層の動向は、旅行に行く個人の意向の比重が大きいこと、トレンドに左右されやすいことなど、全体像を掴むことは非常に困難です。このようなアンケートを元に推測していくしかない、というのが現状です。

 今回の結果も、バンコクの人口約570万人に対して、回答者が約220人。タイ人全体の意見ではないことを踏まえたうえで考えなければいけませんが、アンケート結果、そして私の経験から、この先、地方をどんどん回りたいという「観光」優先の移動型よりも、「食事」と「買い物」優先の都市滞在型が大きな割合になっていくと考えています。

 今回の結果でも、大半がリピーター、かつ行って良かった場所に都市を挙げていました。今後、都市での滞在型が核となると思います。

 日本の都市から地方への移動は便利ですから、都市に滞在しながら、地方へ日帰りまたは短期滞在で足を伸ばすという形態が増えていくでしょう。