タイ
2016年6月7日 沼舘幹夫

海外移住希望者必読!
日本人がタイで死んだらどうなるの?【前編】

日本へ死亡届を提出し、除籍手続きを

 日本人がタイで死んでも、死亡届を日本に提出し、戸籍から除籍しなければならない。

 日本人が外国で死亡した場合、死亡した者の同居家族などの届け出義務者が、死亡の事実を知った日から3カ月以内に日本の市町村役場に死亡届を提出する義務がある。これにより日本の戸籍から除籍され、戸籍上に死亡事実が記録される。 

 死亡届の提出先は、除籍手続きの緊急性などによって、大使館(タイの死亡登録証明書の写しと同和訳文が必要)か、直接死亡者の本籍地役場に届け出るか(タイの死亡登録証明書原本と写し、同和訳文が必要)、どちらでも可能。領事部邦人援護班が支援してくれるが、具体的には以下のとおり。

1.タイで火葬するなら大使館経由で提出

 タイで火葬するため遺族はすぐに日本へ帰国しない、日本の本籍地の役場へ死亡届を形式的に提出するなど、除籍に急を要しないのであれば、死亡届は大使館に用意されている「(日本語の)死亡届」に記入して届けることができる。

 この場合、除籍は
1)必要事項を記入した死亡届を領事部に届け出る。    
  ↓
2)領事部で受け付ける。
  ↓
3)外務省経由で法務省へ。
  ↓
4)法務省から本籍地の市町村役場の戸籍課へ

という流れになり、死亡の事実が戸籍に最終記載されるまでに通常最低1カ月半かかる。

2.日本で火葬するなら日本の役場へ提出

 遺族が日本に帰国後、すぐに埋葬手続きをする場合、市町村役場から事前に埋葬許可を得る必要がある。この許可手続きには死亡者の死亡事実が戸籍に記載されることが要件とされている。そのため、外務省、法務省を経由させず、死亡者の本籍地役場に直接、死亡届を提出しなければならない。

 市町村役場に備え付けられた死亡届出書面に必要事項を記入し、タイの死亡登録証明書の写し(原本は携行すること)、同和訳文、死亡者のパスポートを提出すれば死亡届を受け付けてくれ、数日以内に死亡の事実が戸籍に記載され埋葬の許可が出る。

 なお、本籍地役場によってほかの必要書類の提出を求める場合があるので、必ず各自で死亡者の本籍地役場に確認をすること。