最新株式ニュース
2016年10月25日 フィスコ

トーカイ---業績予想の修正、2Q及び通期とも利益面で前回予想を上回る見込み

<%%%9729%%%>  トーカイ  3450  +105
トーカイ<%%%9729%%%>は24日、2017年3月期業績予想の修正を発表。
2017年3月期第2四半期連結業績予想において、売上高で前回予想比6.2億円減の517.92億
円、営業利益で同9.84億円増の37.07億円、経常利益で同9.84億円増の37.94億円、親会社株
主に帰属する四半期純利益で同6.9億円増の25.4億円と、売上高で前回予想を下回るもの
の、利益面では上方修正となった。
第2四半期連結累計期間の売上高は、健康生活サービスでは、レンタル売上やクリーニング
設備製造事業の販売が好調に推移したが、調剤サービスでは診療報酬改定やC型肝炎治療薬
の需要減少の影響により、前回の連結業績予想を下回る見込み。利益面は、健康生活サービ
スの売上増加に伴う増益に加え、レンタル資材の投入費用の一部が下半期にずれたことや、
原油価格下落に伴う燃料費の減少などにより、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する
四半期純利益ともに、当初の予想を上回る見込みとなった。 

通期連結業績の予想数値は、売上高で前回予想比16.69億円減の1043.73億円、営業利益で同
5.19億円増の71.66億円、経常利益で同5.31億円増の73.54億円、親会社株主に帰属する当期
純利益で同3.83億円増の48.84億円へと修正。

通期の業績予想の利益面も、健康生活サービスの人件費やその他経費等の削減・全社的な燃
料費の減少などにより、前回予想を上回る見込み。