最新株式ニュース
2017年1月5日 フィスコ

ソフトバンテク---クラウドとIoTで更なる成長に向けて、上期は増収増益

<4726>  ソフトバンテク  3315  +20
ソフトバンク・テクノロジー<4726>は、クラウドベンダーであり、クラウドの技術
力と実績を強みに、顧客にとって、ITベンダーとして存在するのではなく、ビジネ
スパートナーとなることを目指している。クラウドに向けてすべてを集中していく
なか、2017年3月期第2四半期は2ケタ増収で、今後に向けて様々な布石を打ってき
ている。大型公共案件が順調に進行し、また、ソフトバンクグループ<9984>向け案
件の受注拡大などにより、増収増益を達成。また、同社のECサービスの状況が改善
している。利益面ではクラウドとIoTへの投資で人員の採用による固定費が増えた
が最終的には増益に終わった。進捗率に関しては、現状では進行していないように
見えるが、営業利益は、四半期ごとに見ると、2016年3月期は2,308百万円の営業利
益のうち約半分は第4四半期で上げており、2015年3月期も第4四半期の利益が高く
なっている。大型案件、公共案件は年度末に検収をし、売上を上げる。2017年3月
期も公共案件が多くなっているので、利益が第4四半期に出る構造は変わらないと
思われる。