最新株式ニュース
2017年1月13日 フィスコ

12日のNY市場は下落

[NYDow・NasDaq・CME(表)]
NYDOW;19891.00;-63.29
Nasdaq;5547.49;-16.16
CME225;19170;+60(大証比)

[NY市場データ]

12日のNY市場は下落。ダウ平均は63.28ドル安の19891.00、ナスダックは16.16ポイント
安の5547.49で取引を終了した。昨日のトランプ次期大統領による記者会見で具体的な
経済政策への言及がなく、投資家の失望を招いたことから売りが先行。その後は、原油
高が好感されたほか、今週から始まる10-12月期決算を見極めたいとの思惑から下げ幅
を縮小する展開となった。セクター別では、電気通信サービスや小売が上昇する一方で
銀行や保険が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比60円高の19170円。ADRの日本株は三菱UFJ<%%%8306%%%>、み
ずほG<%%%8411%%%>、野村HD<%%%8604%%%>が小安い他は、ファーストリテ<%%%9983%%%>、トヨタ<%%%7203%%%>、ソ
フトバンクG<%%%9984%%%>、ファナック<%%%6954%%%>、任天堂<%%%7974%%%>など対東証比較(1ドル114.74
円換算)で全般堅調。