最新株式ニュース
2017年1月27日 フィスコ

注目銘柄ダイジェスト(前場):ファナック、サイバーエージェント、エムスリーなど

ファナック<%%%6954%%%>:22635円(-15円)
売り優勢。前日に17年3月期第3四半期の決算を発表。営業利益(累計)は前年同期比35.
4%減の1116億円となった。同時に、通期営業利益見通しを1347億円から1405億円に引き上
げ、想定為替レートも1ドル100円から110円に見直した。コンセンサスでは第3四半期の営
業利益は1100億円強、通期では1500億円弱と見込まれており、実績および上方修正は想定
内と見られ、利益確定売りが優勢に。なお、米系証券では買い推奨格上げの動きも。__NEW
_LINE__

サイバー<%%%4751%%%>:2891円(-159円)
急反落。前日に17年9月期第1四半期の連結決算を発表している。売上高は前年同期比16.
9%増の865.71億円、営業利益が同51.1%減の63.54億円での着地となった。利益面では、
「AbemaTV」等の動画事業への先行投資強化、ゲーム事業での広告宣伝費の積極投下などが
重しとなった。複数証券で目標株価引き上げの動きも観測されているが、本日は決算内容
を嫌気した売りが優勢に。


WSCOPE<%%%6619%%%>:1845円(+147円)
急伸。技術的課題を理由に、量産移行時期が遅延していた第5号生産ラインについて、1月
から安定的な量産稼働を開始したと発表した。また、当該生産ラインに加え、第8~11号の
4本生産ラインの設備投資も進行させているようだ。これらがすべて稼働することで、15年
末時点の生産能力比で、17年末には約70%、18年末には約150%の能力増強が実現すると見
込まれ、業績への期待感から物色が向かっている。


エムスリー<%%%2413%%%>:3230円(+271円)
大幅続伸。17年3月期第3四半期の連結決算が材料視されている。売上収益は前年同期比18.
8%増の563.01億円、営業利益は同24.1%増の186.56億円で着地。製薬会社向けのマーケテ
ィング支援サービス(MR君ファミリー)の好調や医師向け人材紹介事業の伸び、昨年買収
したノイエスの収益改善などが寄与した。通期計画に対する(営業利益230億円)進捗が8
0%を超えており、上振れ期待が高まる格好に。


キャリア<%%%6198%%%>:8520円(+770円)
大幅反発。1株につき2株の割合で株式分割を実施すると発表している。基準日は3月31日。
投資単位当たりの金額を引き下げることにより、投資家層の拡大及び流動性の向上を図る
ことを目的としている。株価は一時9040円まで上昇し上場来高値を更新した。__NEW_LINE_
_


エイトレッド<%%%3969%%%>:3670円(-230円)
急反落。16年4-12月期(第3四半期累計)決算を発表している。売上高は6.92億円、営業利
益は1.98億円で着地した(同社は昨年8月上場のため前年同期実績の記載なし)。ただ、上
期を営業利益1.54億円で通過していることから、今回の決算はサプライズに乏しく利益確
定売りが先行したようだ。なお、17年3月期の通期業績については、営業利益で前期比13.
7%増の3.09億円とする従来予想を据え置いている。


夢の街創造委<%%%2484%%%>:3235円(+235円)
急反発。1株につき4株の割合で株式分割を実施すると発表している。基準日は2月28日。投
資単位当たりの金額を引き下げ、株式の流動性を高めることで、より投資しやすい環境を
整えて投資家層の更なる拡大を図るとしている。株価は朝方に一時3490円まで上昇し上場
来高値(分割考慮後)を更新した。