最新株式ニュース
2017年2月1日 フィスコ

ノジマ、スタートトゥ、オリコなど

<%%%7211%%%>  三菱自  689  +76
急伸。17年3月期第3四半期決算と通期予想の上方修正を発表。営業損益は232.36億円
の赤字だが、10-12月期の営業利益は83.89億円と、コンセンサス(約64億円)を上回っ
ての着地を好感。国内販売についても、10-12月期では前年同期比1000台増と若干とは
いえプラスに転じたことも支援材料。また、通期営業損益を276億円の大幅赤字から、
10億円の黒字への上方修正もポジティブサプライズに。
<%%%7419%%%>  ノジマ  1356  +113
大幅反発。富士通<%%%6702%%%>が、子会社のニフティを再編すると発表している。個人向け
事業と企業向け事業を分割し2つの事業会社へ継承。17年4月1日に個人向け事業を手掛
ける新会社の全株式を、250億円で同社に譲渡する。家電量販で業界最大手のヤマダ電
機に引き離されていることもあり、IoTなどに関連した新たなビジネスモデル構築によ
る成長期待が先行する格好に。

<%%%7974%%%>  任天堂  22625  -495
大幅続落。17年3月期第3四半期の決算と通期予想の修正を発表。10−12月期の営業利
益は322.62億円で、コンセンサス(約300億円)を上回り、累計でも黒字転換を達成。話
題アプリ『Pokemon GO』効果、それに伴う過去の『ポケットモンスター』シリーズの
ソフトウェア販売増などが背景。しかし、通期営業利益予想を300億円から200億円に
引き下げたことで、高まっていた上ブレ期待が低下した。

<%%%3092%%%>  スタートトゥ  2500  +377
急伸。17年3月期の第3四半期の連結決算を発表。営業利益は前年同期比64.3%増の19
2.91億円だった。また、10-12月期では87.03億円とコンセンサス(63億円程度)を大幅
に上回っている。ショップの新規出店加速やプロモーションの効率実施、後払い決済
「ツケ払い」導入など決済手段拡充が奏功。なお、通期予想は据え置き。野村証券が
目標株価を1883円から2550円に引き上げたことも支援材料。

<%%%4902%%%>  コニカミノルタ  1074  -98
急落。17年3月期の第3四半期決算を発表。10-12月期の営業利益は前年同四半期比約1
9%増の159.16億円で着地した。しかし、一過性の特許関連収入77億円を計上してお
り、これを除くとコンセンサス(130億円程度)を下回ることから、売りが優勢に。情
報機器事業で、欧州通貨に対する円高の影響を大きく受けたことが背景に。具体的に
は為替の変動が、営業利益で172億円の減益要因となったようだ。

<%%%8585%%%>  オリコ  221  +14
大幅反発。復配について発表。期末配当予想は1株あたり2円ながら、11期ぶりの配当
となり、物色が向かっているようだ。また、同時に17年3月期の第3四半期の連結決算
を発表。営業利益は前年同期比25.3%増の268.44億円となり支援材料に。ポイント還
元率の高いクレジットカードの会員拡大や大型提携先への稼働促進策が奏功。銀行保
証事業では、みずほ銀行および地域金融機関の保証残高の増加などが寄与した。

<%%%2432%%%>  ディーエヌエー  2364  -165
急落。任天堂<%%%7974%%%>の決算説明会において、スマホ向けゲームに関して、君島社長が
「DeNAとは協力的に進めているが、将来的にほかのパートナーからのサポートをもら
うことも否定するわけではない」と発言したと伝わっている。スーパーマリオランの
共同開発を皮切りに、今後の共同開発タイトルへの関心も高まっていたが、協力体制
継続への不安感が広がったもよう。

<%%%6981%%%>  村田製  14640  -615
続落。17年3月期の第3四半期決算を発表している。10-12月期の営業利益は560.57億円
で、コンセンサスの約600億円を下回ったことが嫌気されている。中国を中心にマルチ
バンド対応のスマートフォンの普及で表面波フィルタ需要が拡大した他、自動車の電
装化進展で超音波センサなどは好調だった。しかし、全体としては製品価格の下落、
減価償却費の増加、為替変動の影響などが重しに。

<%%%8604%%%>  野村  721.2  +17.7
反発。17年3月期の第3四半期決算を発表。10−12月期の四半期純利益は前年同期比約9
9%増の703.46億円となった。コンセンサスは530億円程度とされており、大幅に上回
る着地が好感されている。特にアセット・マネジメント部門は運用資産残高が過去最
高を更新、海外ビジネスは全地域が黒字化する等好調な内容となっている。また、米
系証券会社が目標株価を530円から750円に引き上げたことも支援材料。