株式レポート
2017年2月1日 マネックス証券

決算集計速報PART2 上方修正や下方修正を行った企業は - 投資のヒント

23日の安川電機(6506)の決算発表を皮切りにスタートした3月期決算企業も昨日が前半戦の山場でした。上場企業全体でみれば来月10日がピークですが、TOPIX500採用の主力企業では昨日がピークで、80社を超える企業が決算を発表しています。そこで今回は早速、昨日の決算をTOPIX500採用の3月期決算銘柄を対象に集計してみました。

その結果、TOPIX500採用の3月期決算銘柄でみると昨日の決算発表ではおよそ4社に1社の割合で業績予想が上方修正されています。例えば日本郵船(9101)や商船三井(9104)、川崎汽船(9107)といった海運大手3社が揃って業績予想を上方修正したほか、オムロン(6645)や日東電工(6988)、三菱自動車工業(7211)なども上方修正に踏み切っています。一方で任天堂(7974)や京セラ(6971)などが下方修正に追い込まれています。

  • 決算集計速報PART2 上方修正や下方修正を行った企業はこちらからチェック

もう一つのヒント

明日の決算発表スケジュールは

23日の安川電気(6506)からスタートした3月期決算企業の第3四半期決算発表も今週に入って一段と本格化しています。こうしたなか明日は三菱電機(6503)や三菱重工業(7011)、三菱商事(8058)、新日鉄住金(5401)、ソニー(6758)、パナソニック(6752)などが決算発表を行う予定です。