最新株式ニュース
2017年2月2日 フィスコ

カシオ計---続落、システムセグメントでの22億円の営業損失が重しに

<%%%6952%%%>  カシオ計  1512  -51
続落。17年3月期第3四半期の連結決算を発表。10-12月期の営業利益は68.95億円で、コン
センサス(84億円程度)を下回る着地となったことが嫌気されている。構造改革の影響
で、システムセグメントで22億円の営業損失を計上したことなどが背景に。時計や電卓は
好調に推移するなどポジティブな側面も。なお、野村證券は、同社レーティングを「Neutr
al」継続、目標株価を1450円から1650円と引き上げている。