最新株式ニュース
2017年2月10日 フィスコ

ハシゴ外されるリスクあるも、センチメントは大きく改善

 日経平均は大幅に反発。471.26円高の19378.93円(出来高概算22億4000万株)で取
引を終えた。日経平均は大幅に反発して始まった。トランプ政権への政策期待からNY
ダウが最高値を更新するなか、シカゴ日経225先物清算値は大阪比245円高の19155円と
なり、幅広い銘柄に買いが先行した。SQに絡んだ商いは8万株程度の買い越しとの観
測。セクターでは東証33業種全てが上昇しており、ゴム製品、倉庫運輸、鉱業、石油
石炭、輸送用機器、海運、不動産が3%を超える上昇。東証1部の騰落銘柄は、値上が
り数が1700を超えており、全体の8割を超えている。買い一巡後はこう着が見込まれて
いたが、寄付き後も上げ幅を広げており、高値圏で取引を終えている。
 日米首脳会談を控えていることから、いったんはポジションをニュートラルにする
流れとなり、ショートカバー優勢の展開となった。円相場は1ドル113円台後半で推移
していることも安心感につながっている。一方で、インデックス主導のなか、中小型
株には利益確定の流れが次第に強まっていた。

 とはいえ、本日の上昇でセンチメントは大きく改善しており、テクニカル面でも上
値抵抗線として意識されていた水準を突破してきている。日米首脳会談でハシゴを外
されるリスクはあるものの、決算発表がピークを通過するなか、次第に見直す流れに
向かう展開が意識されてきそうだ。(村瀬智一)