最新株式ニュース
2017年3月2日 フィスコ

MRO---15期連続増収、7期連続最高益達成。笠間DCは3月稼働開始で年内にも物流費改善効果

<3064>  MRO  3310  +70
MonotaRO<3064>は、兵庫県尼崎市に本社を置く、インターネット等を利用した工場・工
事用、自動車整備用等の間接資材の通信販売会社である。2016年12月期通期の単体業績
は、売上高で前期比20.7%増の67,105百万円、営業利益で同32.8%増の9,782百万円、経
常利益で同32.5%増の9,800百万円、当期純利益で同40.5%増の6,631百万円と高い増収
率・増益率を維持した。第4四半期の業績好調により、売上・各利益ともに10月に発表
された修正計画を超えて着地した。売上高に関しては、積極的なTVCMとリスティング広
告が新規顧客獲得数の拡大につながった。既存顧客の顧客単価の伸びが想定より低かっ
たことが、第4四半期におけるプロモーション強化につながり、持ち直したといえる。
売上総利益は、仕入の最適化やPB/輸入商品の強化、円高による輸入品仕入れコストの
低下などにより改善。販管費は、効率化投資やプロモーション投資を増やしたが、効率
化の効果が現れ前期並みとなった。全般に、商品仕入れ原価の低下とコストコントロー
ルにより、順調に利益を拡大した。