最新株式ニュース
2017年3月3日 フィスコ

大東建---大幅反落、2月の建築事業の受注高が5ヶ月連続で前年割れ

<1878>  大東建  15250  -755
大幅反落。2月の建築事業の受注高が前年同月比10.6%減の527億円となったことを発表し
た。1月(同5.7%減)からさらに悪化を見せた他、5ヶ月連続で前年同月割れとなったこと
を嫌気した売りが広がっている。なお、不動産事業の入居者斡旋については、同1.4%増と
堅調に推移。株価は25日線が上値抵抗として意識されている。